Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

クラスキャット、SoftLayer専用インターネットサーバ管理ツールをマネージドサービスで提供

  2014/11/25 14:20

 クラスキャットは、侵入検知/防御(IDS/IPS)・改竄検知機能を標準装備したインターネットサーバ管理ツール「ClassCat Cute」シリーズのCentOS 6.6対応版新製品「ClassCat Cute Server Manager SoftLayer Edition v6.6」をIBM SoftLayerクラウドのマネージドサービス「ClassCat Cute-as-a-Service」として12月15日から提供すると発表した。

 「ClassCat Cute Server Manager SoftLayer Edition v6.6」は、オープンソース化されたCobalt RaQ550のLinuxサーバ管理ツールをベースに、メールセキュリティ機能を大幅に強化し、侵入検知/防御 (IDS/IPS)・改竄検知ソリューションをシームレスに統合した「ClassCat Cute」シリーズの製品。SoftLayerクラウド環境に最適化しCentOS 6.6(64bit:x86_64)に対応している。

 新サービス「ClassCat Cute-as-a-Service」は、「ClassCat Cute Server Manager SoftLayer Edition v6.6」をSoftLayerマネージドサービスとして提供するサービスになる。

 「ClassCat Cute-as-a-Service」の利用により、CentOS 6.6環境で、実践的なセキュリティ機能を装備したインターネットサーバをイニシャルコストなしに手軽に低コストで運用管理することができるという。

 Cobalt RaQ550の操作性を継承し、マルチ仮想サイトの作成・運用が可能で、インターネットサーバとしての基本サービス(Web、Mail、DNS、SNMP、FTP、Telnet 等)の運用管理を専門的な知識なしに行うことができる。

 また、迷惑メール対策として必須機能である「25番ポートブロック(OP25B:Outbound Port 25 Blocking)」のサポートに加えて、SPAMフィルタ、SSL暗号化通信(STARTTLS、SMTPS、POP over SSL)などのメールセキュリティ機能も標準装備している。

 「ClassCat Cute-as-a-Service」では、ホスト型の侵入検知/防御(IDS/IPS)・改竄検知ソリューションもシームレスに統合。主な検知機能としては、侵入検知(IDS)・ファイル改竄検知(整合性チェック)・Rookit検知・ログファイルベースの異常検知等の機能があり、検知結果は全てアーカイブとして保存されるという。

 侵入防御(IPS)機能においては、各種ブルートフォース攻撃・第三者中継などの外部からの攻撃をセッションを切断することにより防御することが可能。特にSSHや POP/IMAPサーバへのブルートフォース攻撃に威力を発揮し、攻撃元のIPアドレスをパーマネントにブロックすることも可能だという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5