Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

IBM、Software Defined Storageの構築を支援するオプションサービスを発表

  2015/10/02 12:40

 日本IBMは、Software Defined Storage(SDS:ソフトウェア定義型ストレージ)の構築を支援するサービス「IBMハイブリッドクラウド構築支援サービス - SDS構築オプション IBM Spectrum Accelerate版」を発表し、10月2日から提供を開始した。サービスの期間は約1.5カ月で、料金は個別見積もりとなる。

 IBMは本年2月、ストレージの非効率性を解決する新しいソフトウェア製品群「IBM Spectrum Storage」を発表した。その中の1製品である「IBM Spectrum Accelerate」は、どこからでも高速なデータ・アクセスを可能にし、クラウド環境における高い柔軟性を提供して高速なブロックストレージを実現するという。

 今回発表する「IBMハイブリッドクラウド構築支援サービス - SDS設定オプション IBM Spectrum Accelerate版」は、既に発表した「IBMハイブリッドクラウド構築支援サービス」において、SDSの構築を行うオプション・サービス。

 このサービスは、「IBM Spectrum Accelerate」をx86サーバーにインストールすることで、IBMのハイエンドストレージの「IBM XIV Storage」と同等の機能や性能を備えることができ、経済的的で投資のしやすいコモディティー・ハードウェアを活用して、仮想ストレージ機能を実現することができという。

 顧客はハイブリッド・クラウドにおけるクラウドの標準規格であるOpenStackの管理画面(ダッシュボード)上で、各仮想サーバー単位で設定できるため、個々のストレージを意識することなく、管理や運用ができる。

 また、ストレージだけでなく、サーバーやネットワークなど他のITリソースとあわせた一元管理も可能。これらさまざまなITリソースを、単一のダッシュボードで閲覧や操作できるため、柔軟かつ効率良く管理でき、運用コストの軽減を支援するという。

 このサービスを利用するために、IBMが別途OEM提供するx86サーバーとの組み合わせで、ハイブリッドクラウドとの接続やパフォーマンスの事前検証を行っている。これらを組み合わせて利用することにより、前提条件や共存要件にかかる労力や期間を短縮できるとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5