みずほ銀行がALM業務システムの高速化、効率化にMapRの分散テクノロジーを導入:EnterpriseZine(エンタープライズジン)
Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

みずほ銀行がALM業務システムの高速化、効率化にMapRの分散テクノロジーを導入

2017/06/22 14:15

 マップアール・テクノロジーズは、みずほ銀行のALM(アセット・ライアビリティ・マネジメント)システムに、スケールアウト可能な単一プラットフォーム上に、データ活用に必須なデータ管理、蓄積、プロセッシングの機能を統合した「MapRコンバージド・データ・プラットフォーム」が採用されたと発表した。

 金融機関においては、リーマンショック以降、リスク把握の正確性、迅速性が求められており、従来型のハードウェアへの投資による高速化の他に、新しいデータ管理のアーキテクチャとなる分散処理システムに対するニーズが高まっている。

 みずほのIT戦略会社であるみずほ情報総研は、こうした状況の中で、コストパフォーマンスやデータ量および処理量のスケーラビリティが大きいことから、Hadoopを採用し、その中でも、単一障害点の問題も無く、エンタープライズ利用に最も適したMapRを選択したという。なお、MapRの上でバッチ処理の開発やデプロイにはAsakusa Frameworkを利用し、さらなる効率化を行っている。

 この新しいテクノロジー、並列分散処理方法を採用したシステムは旧来のものと比較し、処理時間が15分の1となっている。さらに、データ量及び処理量の増加にも基本的にはサーバーのノードを追加するだけで対応できるため、中長期にわたるTCOの削減とROIが期待できるとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5