SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Security Online Press

元マイクロソフトの蔵本雄一氏が車載セキュリティ専門会社White MotionのCEOに就任―「過渡期の自動車業界のセキュリティに貢献したい」


 「持ち物がすべてAppleデバイスに変わってしまいました(笑)」―こう語るのは、日本マイクロソフトにてセキュリティの啓蒙等に尽力してきた、あの蔵本雄一さんではありませんか。このたび、まったく新しい会社のCEOに就任、「これからは車のセキュリティをいろいろやる!」とのことで、お話をうかがってきました。

 昨日、カルソニックカンセイのニュースリリースがひっそりと更新されました。

 カルソニックカンセイ、自動車分野のサイバーセキュリティに本格進出

 カルソニックカンセイさんは日本の大手自動車部品メーカーです。筆者は自動車方面にはあまり明るくないので考えたこともなかったのですが、自動車というのは、たとえば日産だったら日産で全部作っているわけではないらしいのですね。あの外側とエンジン以外のいろいろなパーツというのは、別の会社(カルソニックカンセイさんのような会社)が作っているんですね。そう考えると、企業の情報システムと似ています。

 上記ニュースリリースは、そのカルソニックカンセイさんとフランスのサイバーセキュリティベンダーであるQuarkslab社さんが合同会社White Motionを設立しましたよ、そのCEOに蔵本雄一さんが就任しましたよ、という内容のものです。車のセキュリティというのは、エンジンやドア、フォルムではなく、パーツに関わることです。そしてIoT時代の車のセキュリティと言ったら、サイバーセキュリティの知識が必要です。そこで自動車パーツメーカーとセキュリティベンダーの2社が合同会社を設立、蔵本さんがその舵取りをするに至ったのです。蔵本さんといえば、『もしも経営者がセキュリティ対策を聞いてきたら』の著者であり、弊社主催のセキュリティセミナー、また当Webサイトでもおなじみの、サイバーセキュリティ界のエバンジェリストであり、情報セキュリティの教育や啓蒙、経営層へのアプローチの方法などに尽力されてきた方です。その蔵本さんが、車のセキュリティに専念するとおっしゃる。具体的にはどのようなお仕事になるのでしょうか。

まだまだ発展途上、車載セキュリティの世界

White MotionのCEO(CEO!)に就任された蔵本雄一さん
White MotionのCEO(CEO!)に就任された蔵本雄一さん

 車のセキュリティ、これを「車載セキュリティ」と呼びます。IoTやコネクテッドカーなどで最近そこそこ注目を集め始めている車載セキュリティの世界ですが、まだ情報が出そろっていません。自動運転における安全の話なのか、つながることに対して起こり得る車へのハッキングだの不正アクセスといった脅威の話なのか、そもそものディフィニションやカテゴライズもまだまだというジャンルです。このジャンルに真正面から取り組もうというのが今回設立されたWhite Motionです。

「車載セキュリティを考えた時に、2軸あると思っています。1つ目はSafety、機能安全です。2つ目はセキュリティ。車載セキュリティはこの2軸で考えないといけません。車だけで考えるとサイバーのナレッジが少ない。逆もまた然り、要は得意範囲が違うんですね。この2軸をどういう風に両立させるかが車載セキュリティの鍵です」(蔵本)

 セキュリティとセイフティの両立。今回蔵本さんが転職を決めた決定的な理由はこの2軸のおもしろさだったといいます。

White Motionのカバー範囲
White Motionのカバー範囲

「縦軸がありますね。サイバーセキュリティはこうして二次元で考えるのが基本ですよね。ITだと当たり前なんですけど、車だとまだあまり語られていない。『機能安全の確保』これが車では一番の肝です。ITだと、何かあったときにどうするのか、いろいろなロジックが、可用性だとかいろいろありますよね。車は機能安全が一番大事。それを両方やるのがWhite Motion。自動車の知見とサイバーの知見、両方がそろっていないと現実解が出ない。だから今回の座組はすごく正しいんです」(蔵本)

 なるほど。具体的にWhite Motionではどのようなサービスを提供していくのでしょうか。

次のページ
脅威分析からトレーニング、製品まで全方位、White Motionのサービス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Security Online Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

小泉 真由子(編集部)(コイズミ マユコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/9565 2017/07/19 19:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング