Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

オランダ国立情報数学研究所のデータベースを100倍速くするプロジェクトから生まれたVectorwiseの全貌

edited by DB Online   2012/12/06 00:00

アムステルダムにあるオランダ国立情報数学研究所、ここで「X100」というプロジェクトが行われていた。このプロジェクトの目的は、「100倍高速なデータベースを作る」こと。100倍という数値目標を設定したきっかけは「C言語で書かれたプログラムとリレーショナルデータベースの処理では、100倍くらいの差がある」ということからだった。その後、このX100プロジェクトの成果は、Actian社に引き継がれ商用化することになる。このActian、元はデータベースとしては歴史も実績もある「Ingres」を提供していたIngres Corporationだ。そして、X100プロジェクトの成果である「100倍速いデータベース」として生まれたのが、データウェアハウスなどの分析処理向けの高速データベース「Vectorwise」だ。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジ...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5