EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立、ASP型の環境情報管理サービスを開始。改正省エネ法に対応

  2009/05/14 15:30

日立製作所は14日、2010年4月に施行される法改正に基づいいたASP型環境情報管理サービス「EcoAssist-Enterprise-Light」の提供を開始すると発表した。同サービスは、複数の事業形態を抱える企業に対応し、企業全体での一括した環境情報の管理が可能。日立側でデータの管理を行うため、Webでのデータ観覧や、新たな法改正の際にも一括した対応が可能となる。提供開始は6月22日から。

 14日、日立製作所はASP型環境情報管理サービス「EcoAssist-Enterprise-Light」の提供を開始すると発表した。同サービスは、2010年4月から施行される「エネルギーの使用の合理化に関する法律」の改正に対応し、事業活動における環境情報の管理などを行うサービス。提供開始は6月22日から。

 「EcoAssist-Enterprise-Light」は既存のパッケージソフト「EcoAssist-Enterprise」のASP型サービス。エネルギー使用量の管理が、建物単位から企業単位に拡大した同法改正に伴い、複数の事業所、支店などでのエネルギー使用量などの環境情報の一括管理を可能とした。Webと連携させたExcelに環境情報を入力すると、CO2排出量を自動計算する。入力された情報は、日立のデータセンターにあるデータベースに登録され、企業ごとに保存されたデータはWebでの観覧も可能となる。

 また各種提出書類のテンプレートも提供され、法改正の際にはそのつど日立で対応するため、最新の情報に基づいた報告書の作成ができる。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5