Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

後編 J-SOX2年目のIT統制のポイント~もっとスマートに乗り切るために(後編)

  2009/09/03 07:00

上場企業は各社とも総力戦でJ―SOX1年目を何とか終えたものの、この態勢を今後も維持継続していくことは許されず、いかに効率的に対応していくかは、各社共通の喫緊の課題である。本稿ではJ―SOX対応の効率化、コスト削減を進めていく上での考え方をまとめた。(前編はこちら

評価を最適化する(1)~母集団の最適化、共通化

図1│SAP BusinessObjects GRC Updateアクセス管理の個別最適から全体最適へ(AC)

 不適切な母集団の選定をしてしまうと、いくらサンプリングをして、一生懸命に評価しても、無駄骨になってしまい、徒に工数増となるだけである。なぜ母集団はこれでないといけないのか、その母集団は適切かを吟味する必要がある。合わせて、共通化が図れないかの検討を行う必要がある。

 母集団が適切かどうかのポイントは、その母集団の合計値が重要勘定のどれと直接的、間接的に一致する必要があるかの確認と、実際に一致しているかどうかのチェック、及び母集団の明細とエビデンスが対応しているかどうかである。

 この作業を行っていくと、重要な勘定(売上、売掛金、棚卸資産等)が同じであるキーコントロールのグ
ループは、同じ母集団を使って評価できる可能性が検討できる。母集団の最適化、共通化はテスト工数の大幅な削減に寄与するので、検討することをお勧めする。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 関口 善昭(セキグチ ヨシアキ)

    SAPジャパン株式会社 ビジネスユーザー&プラットフォーム事業本部 GRC/EPM事業開発部 シニア・マネージャー 公認内部監査人(CIA) 早稲田大学大学院非常勤講師 大手外資系消費財メーカーでM&Aに伴うシステム統合、マニラのシェアードサービスセンターへの業務移管、インターナ...

バックナンバー

連載:IT Compliance Reviewスペシャル

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5