SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

なぜSAPはチームスピリットを第一推奨に?/10周年のCTF for GIRLSを訪ねる

-[Vol.770]-------------------------------------------------------
このメールは翔泳社のメディア・イベント・サービスにご登録いただいた方に
お送りしています。配信の停止は文末をご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人気ランキング(2024-3-4~2024-3-18)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。EnterpriseZine編集部です。
2024年3月4日~3月18日の
人気記事・ニュースランキングをお送りします。

<記事>

●1位 SAPは“第一推奨”の勤怠管理に「チームスピリット」を選定 約30社のパ
ートナーにより導入進むか

 「働き方改革」で多様なワークスタイルを実現する。その動きは、コロナ禍を経
て、一気に加速した。柔軟な働き方を実現できなければ、優秀な人材の確保もまま
ならない。
https://enterprisezine.jp/article/detail/19178?utm_source=enterprisezine_regular_20240318&utm_medium=email

●2位 セキュリティに関心のある女性たちの“拠り所”として10年──「CTF for 
GIRLS」が新体制に

 2014年の設立から10周年を迎えた「CTF for GIRLS」。女性が少ないと言われる
情報セキュリティの領域で100人以上を集めるCTFワークショップを開催するなど、
日本のセキュリティ人材育成において欠かせない存在といっても過言ではない。今
回は、CTF for GIRLS発起人で現代表の中島明日香氏(Elasticsearch)、現副代表
で次期代表の中島春香氏(NEC)、次期副代表の水野沙理衣氏(GMOサイバーセキュ
リティ byイエラエ)に、コミュニティを継続的に成長させるための秘訣や、初級
者へのアプローチ、さらに次の10年の抱負を聞いた。
https://enterprisezine.jp/article/detail/19314?utm_source=enterprisezine_regular_20240318&utm_medium=email

●3位 SAP移行問題の要点と留意点をガートナーに聞く──「SAP 2027年問題」は
どこまで解決したのか?

 ECC 6.0の保守期限切れを前に、国内でもSAP S/4HANAへの移行プロジェクトを終
わらせた企業が着々と増えている。一方で、S/4移行のアーリーアダプターが検討
するべき、新しい材料が出てきた。S/4HANA移行に伴う留意点についてガートナー
本好氏に聞いた。
https://enterprisezine.jp/article/detail/19271?utm_source=enterprisezine_regular_20240318&utm_medium=email

●4位 「CIOの時間をどう使うか」 トリドールHDのDX推進リーダーに訊く“全体
最適”なプロジェクト進行法

 丸亀製麺やKona's Coffeeをはじめとした飲食業を展開する、トリドールホール
ディングス。同社は2019年12月に策定した「ITロードマップ」を基に“真のグロー
バルフードカンパニー”になるための基盤作りを着々と進めてきた。当初の計画の
終わりが見えてきた中、CIOとともに取り組みをけん引した同社 BT本部 DX推進室
室長 海老宏知氏に、これまでの業務改革への思いと今後の展望を訊いた。
https://enterprisezine.jp/article/detail/19231?utm_source=enterprisezine_regular_20240318&utm_medium=email

●5位 「止まらない」から「レジリエント」なシステムに──金融機関におけるク
ラウド活用とAWSの取り組み

 AWSは、クラウドでインフラストラクチャを提供するクラウドベンダーのイメー
ジが強い。汎用的で網羅的なクラウドサービスを提供することで、幅広い業種業態
のニーズに応えている。そして業種業態を選ばないからこそ、クラウド市場のリー
ダーの座にも君臨していると言える。とはいえ業種業態の特有なニーズに応え、よ
り深くサービスを利用してもらうためのインダストリーフォーカス戦略にも、ここ
最近は力を入れている。アマゾンウェブサービスジャパン合同会社 金融事業
開発本部 本部長の飯田哲夫氏に、金融業界のクラウド活用の動向、そしてAWSの金
融インダストリー事業の現状について話を訊いた。
https://enterprisezine.jp/article/detail/19336?utm_source=enterprisezine_regular_20240318&utm_medium=email

<ニュース>

●1位 富士通とJR貨物、全国の鉄道事業者向けに「車両管理システム」を共同展開

https://enterprisezine.jp/news/detail/19358?utm_source=enterprisezine_regular_20240318&utm_medium=email

●2位 BoxがMicrosoft Azure OpenAI Serviceとの新しい連携を発表 「Box AI」
の一般提供が開始
https://enterprisezine.jp/news/detail/19333?utm_source=enterprisezine_regular_20240318&utm_medium=email

●3位 LINE WORKS「信用や信頼を犠牲にしない」透明性担保やAI事業強化へ 5月
にはロゴ変更も予定
https://enterprisezine.jp/news/detail/19366?utm_source=enterprisezine_regular_20240318&utm_medium=email

●4位 アクセンチュア、熊本と福岡の拠点を増設 「インテリジェント・オペレー
ション」サービスの強化めざす
https://enterprisezine.jp/news/detail/19359?utm_source=enterprisezine_regular_20240318&utm_medium=email

●5位 2027年までに「日常型AI」主導組織を設けない企業、8割が生成AIで成果出
せず【Gartner展望】
https://enterprisezine.jp/news/detail/19387?utm_source=enterprisezine_regular_20240318&utm_medium=email

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/ez?token=&utm_source=32669&utm_medium=email

配信先の変更はこちらから(ログインが必要です)。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/ez/
 へご連絡ください。

発行:株式会社翔泳社 EnterpriseZine編集部
(c)2006 SHOEISHA. All rights reserved.

Job Board

AD

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング