SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

『ITIL はじめの一歩』を全文無料公開、ITサービスのベストプラクティスを集約したITILを解説

 EnterpriseZineを運営する翔泳社では、3月9日(月)まで、ITILについて解説した入門書『ITIL はじめの一歩 スッキリわかるITILの基本と業務改善のしくみ』の全文を無料で公開しています。

 ITILはITサービスを開発・運営するうえでのベストプラクティスが集約されたフレームワークで、成功を収めているサービスの多くがこの方法論に則っています。巨人の肩に乗るという表現がまさに適切なように、先人が通った失敗を繰り返さず成長させるためにはITILが不可欠だと言えるでしょう。

 本書ではITサービスは当然として、それ以外の業種でITILを導入するとどんな可能性が拓けるのかも紹介しています。八百屋、旅館、喫茶店、おもちゃ工場といった一見ITとは縁遠い業種でも、ITILによって業務の効率化など多くのメリットが生まれます。

 ITILの最新バージョンは「ITIL 4」。様々な企業においてデジタルトランスフォーメーション(DX)が喫緊の課題となっている今、ITILは必ずしもIT企業にだけ役立つフレームワークではありません。ITサービスを提供していなくても、DXに対応した企業であれば役立てられるのがITIL 4です。本書ではこのITIL 4についても解説してます。

 本書を無料で読むには、翔泳社サービス(SHOEISHA iD)への会員登録が必要です。EnterpriseZine会員の方はその登録情報でお読みいただけます。

『ITIL はじめの一歩』を読んでみる

ITIL はじめの一歩

Amazon SEshop その他


ITIL はじめの一歩
スッキリわかるITILの基本と業務改善のしくみ

著者:最上千佳子
発売日:2019年3月11日(月)
価格:1,800円+税

本書について

サービスマネジメントの重要性が高まったことにより、IT業界だけでなく、製造業、金融、物流など、IT以外の業界からもITILが注目を集めています。本書は、そんなITILの基本をわかりやすく解説した入門書です。

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/12726 2020/03/03 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング