SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

HENNGEとサイバートラスト、教育機関向けのサービス提供で連携を強化

 HENNGEとサイバートラストは、教育機関向けのサービスで協業を強化することを4月27日に発表した。新型コロナウイルス感染症の感染拡大にともなう休校措置などを受けて、国内の教育機関向けに休校中の安心・安全な遠隔授業を支援する。

 両社は、これまでの企業に対するサービス提供の実績を活かして、サイバートラストの端末認証サービス「サイバートラスト デバイスID」とHENNGEのSaaS認証基盤「HENNGE One」のサービスを連携し、教育機関向けに展開していく。

 「サイバートラスト デバイスID」は、管理者が指定した端末にのみデバイス証明書を登録し、かつ一度登録されたデバイス証明書の複製や取り出しができない仕組みを実現したデバイス証明書発行管理サービス。

 「HENNGE One」は、さまざまなクラウドサービスに対して横断的に、セキュアなアクセスとシングルサインオン機能などを提供するSaaS認証基盤(IDaaS)。

 教育機関向けの展開では、「サイバートラスト デバイスID」によって学校が許可した端末へのアクセスのみを可能にすることで、不正な機器の接続を防ぐ。さらに、「HENNGE One」が教育機関の担当者をID/パスワードの管理から解放し、利便性と安全性のバランスのとれたクラウド導入の現実解を提供する。

 さらに、今後は「GIGAスクール構想」が提唱する児童・生徒の端末1人1台体制、および教職員への端末配布などにおいても、従来の学習習慣を安心・安全に維持することを、両社で支援していく。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/12908 2020/04/28 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング