EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

前年同期比23%の収益成長【アドビ 2021年度第2四半期決算】

  2021/06/21 17:09

 米現地時間6月17日、Adobe(以下、アドビ)は、2021年度第2四半期(2021年6月4日を末日とする)の決算を発表した。

2021年度第2四半期の業績ハイライト

  • 2021年度第2四半期の収益は38億4,000万ドル、前年同期比23%増となった。GAAPベース希薄化後1株当たり利益(EPS)は2.32ドル、Non-GAAPベース希薄化後1株当たり利益(EPS)は3.03ドル
  • デジタルメディア分野の収益は27億9,000万ドル、前年同期比25%増。うちクリエイティブ分野の収益は23億2,000万ドルに拡大、前年同期比24%増。Document Cloudの収益は4億6,900万ドルで前年同期比30%増
  • デジタルメディア分野の年間経常収益(Annualized Recurring Revenue-ARR)は、前四半期比5億1,800万ドル増加し、当四半期末時点で112億1,000万ドルに拡大。クリエイティブ分野およびDocument CloudのARRは、それぞれ95億3,000万ドル、16億8,000万ドルに拡大
  • デジタルエクスペリエンス分野の収益は9億3,800万ドル、前年同期比21%増。デジタルエクスペリエンス分野のサブスクリプション収益は8億1,700万ドル、前年同期比25%増
  • 第2四半期のGAAPベース営業利益は14億1,000万ドル、non-GAAPベース営業利益は17億6,000万ドル。GAAPベース純利益は11億2,000万ドル、non-GAAPベース純利益は14億6,000万ドル
  • 営業キャッシュフローは過去最高となる19億9,000万ドル
  • 残存履行義務(Remaining Performance Obligation - RPO)は122億3,000万ドル、前年同期比23%増
  • 当四半期中に約210万株を買い戻している

 アドビの会長、社長兼CEO(最高経営責任者)であるシャンタヌ ナラヤン(Shantanu Narayen)氏は、「デジタルファーストとなったこの世界で、Creative Cloud、Document Cloud、Experience Cloudが仕事や学び、遊びを変革し続けていることにより、第2四半期は目覚ましい業績を達成することができました。革新的な製品ロードマップに加え、クリエイティビティ、デジタル文書、顧客体験管理において比類なきリーダーシップを備えているわが社は、2021年以降も引き続き好調を維持できるでしょう」と述べている。

【関連記事】
デジタル化が進んでいるほど高い傾向に【アドビ 企業満足度調査】
アドビ代表取締役社長に神谷知信氏が就任、クラウドビジネスやOEM事業を強化へ
アドビ、2021年度の財務目標を上方修正【第1四半期 業績】

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5