SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

クラウド上でサイバー攻撃を解析・共有 丸紅が「CrowdStrike」提供開始

 丸紅ネットワークソリューションズは3月18日、次世代型エンドポイントセキュリティソリューション「CrowdStrike Falcon platform(以下、CrowdStrike)」の提供開始を発表した。

 同システムは次世代型エンドポイント対策に必要な次世代型アンチウイルス(Next Generation Anti-Virus)とEndpoint Detection and Responseをはじめとした様々なモジュールを提供。これらを用いたセキュリティ強化を掲げる。

[画像クリックで拡大]

 「CrowdStrike」の特徴は、クラウドネイティブである点だという。顧客端末で検知されたすべての攻撃データがクラウド上に集約され、解析・共有。これにより過去に解析された攻撃であれば、システムを導入しているすべての端末において攻撃の検知・封じ込めなどの対処が可能とのこと。

 また、複数のライセンスを購入していてもシングルエージェントで提供されることで、PC動作への影響が少なく、管理負担も軽減。さらに常時の有人脅威ハンティングサービスがあることで、自動化でも検知困難な攻撃を発見でき、アラート登録によって検知能力を向上できるという。

[画像クリックで拡大]

 同社は「CrowdStrike」をはじめ、変化の激しいこれからの時代に必要となるクラウドセキュリティサービスを今後も展開していくとしている。

【関連記事】
CrowdStrike、SecureCircle買収によりゼロトラストを拡張
CrowdStrike、SOC支援のための新機能を追加
「複雑なサプライチェーン攻撃に早急な対応を」――CrowdStrikeがセキュリティ意識調査結果を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15727 2022/03/18 12:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング