EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本は世界最低の身代金支払い率 プルーフポイントがフィッシング脅威の調査結果を発表

  2022/04/13 19:00

 プルーフポイントは4月12日、「2022 State of the Phish(フィッシング脅威の全容)」の日本語版を発表した。本レポートでは、企業のフィッシング体験を調査し、それに対するユーザーの意識、脆弱性、およびレジリエンス(回復力)について分析している。

 本レポートにおける日本の調査結果では、日本の従業員の25%が危険な行為(悪意のあるリンクのクリック、マルウェアのダウンロード、個人情報やログイン認証情報の公開)を取ったと回答。なおこれは世界平均の42%を下回り、全調査回答者の中で最も低い数値とのこと。

 また、24%がサイバー攻撃や詐欺を経験し、そのうち8%は個人情報を窃取され、6%がデータアクセス回復のため身代金を支払ったという。

 なお日本の組織では、従業員のサイバーセキュリティ教育に関して世界平均を下回る49%で、世界平均の57%と低い。もっとも、日本の組織の47%はフィッシング攻撃シミュレーションを行っており、これは調査対象地域の中で最も高い数値だ。

 日本プルーフポイントのサイバーセキュリティエバンジェリストである増田幸美氏によれば、日本は身代金の支払い率が2020年の33%から2021年は20%と低下。世界平均では58%と大差で、一度身代金を支払うと再度狙われるリスクが高いことから、これは評価に値すると述べている。

【関連記事】
プルーフポイント、ドラマ「イカゲーム」のルアーを用いたマルウェア攻撃を確認
「攻撃者はシステムではなく人を狙う」高度化するメールからのサイバー攻撃の最新動向と対処法
ランサムウェア攻撃は昨年比287%も増加 トレンドマイクロがセキュリティレポートを公開

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5