SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

パナソニックHD、Blue Yonderを中心としたSCM事業を上場へ グローバルでの成長を加速

 パナソニック ホールディングスは、パナソニック コネクトが展開する、Blue Yonderを中心としたサプライチェーンマネジメント(以下、SCM)事業の株式上場に向けた準備を開始すると発表した。

 パナソニックグループは2022年4月に事業会社制に移行。そのうちSCM事業について、グローバルでの成長を加速させるために株式上場を行うことが最適と判断したという。SCM事業は、同社グループの強みを生かしながら、SaaSソリューションの差別化を図り、高成長・高収益を実現していくとしている。そのために、まずR&D強化・M&A投資を積極的に実行し、Blue Yonderの競争力を強化する。欧米市場においてはSaaSビジネスを一層拡大していく。

 また、同社グループの技術力により現場データ連携を強化し、SaaSの高付加価値化を図るという。具体的には、同社のセンシング技術、製造業で培ってきたインダストリアルエンジニアリング、現場最適化ソリューションなどにより得られる精度の高い現場データをBlue YonderのSaaSプラットフォームに取り込む。リアルタイムに現場への実行指示につなげるフィードバックループを構築していくという。今後、日本からグローバルへ横展開し、スケール化を目指す。Blue Yonderについては、同社グループの顧客基盤やブランド力を活用し、日本市場での販売拡大を図るという。

 なお同社は、SCM事業の上場会社を連結子会社とすることを前提に、組織構成および資本構成を検討していくとしている。また会社構成は、Blue Yonderを中心に、コネクトの現場ソリューションカンパニーの関連事業、および技術研究開発本部の関連領域等を予定しているという。

【関連記事】
パナソニック、4/1から事業会社制に移行 「Blue Yonder」はパナソニック コネクト傘下に
パナソニック、Blue Yonder買収後のSCMソリューションが充実 武器となる3階層のデータ可視化
パナソニック、Blue Yonder買収完了で「オートノマスサプライチェーン」実現を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15964 2022/05/12 14:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング