EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本ラッド情報サービス、病院向けデジタルサイネージシステムの開発・販売を開始 急速に拡大する医療機関向けデジタルサイネージ

  2009/09/24 14:32

日本ラッド情報サービス株式会社(以下、RJS)は、デジタルサイネージ・ソフトで世界的に豊富な実績を有するSCALA株式会社(以下SCALA)と販売パートナー契約を締結。現在RJSが提供している医療機関の自動再来受付機や自動支払機等のハードウェア組み込み型コンピュータとデジタルサイネージを融合した事業展開を目指す。
 

ディスプレーなどの電子的な表示機器を使ってネットワーク経由で情報を発信するデジタルサイネージの市場規模は急速に拡大しており、シード・プランニングによる調査では、2008年で560億円でしたが2015年には1兆円を超えると予想されている。

RJSは、全国300以上の医療機関に対し各種システムを納品していますが、「診察状況表示システム」等に加え、デジタルサイネージシステムの導入で多彩な動画コンテンツを表示可能とすることによって活用範囲を開拓していく計画だという。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5