SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NRIセキュア、SBOM導入支援サービス開始 ソフトウェアサプライチェーンのセキュリティ向上へ

 NRIセキュアテクノロジーズ(NRIセキュア)は、「サプライチェーントラストサービス」のラインアップの一つとして、「SBOM導入支援サービス」を1月30日から提供開始した。

 同サービスでは、SBOMを活用した脆弱性管理を実現するために、製品・サービスの開発・運用プロセスへのSBOMの導入計画作成から導入、PoC(概念実証)、課題解決のためのアドバイザリまで支援するという。提供する支援内容の例は、以下のとおり。

  • SBOM生成プロセスの構築支援:製品やそれを構成するコンポーネントをもとにSBOM生成の対象を整理しつつ、適切なSBOM生成ツールを選定・提案し、その導入やPoCを支援。製品の開発プロセスにおいてSBOMを生成できるようにするだけでなく、生成したSBOMの管理や関係先への提供などについても支援
  • SCA(ソフトウェア構成分析)の導入支援:ソフトウェアとそれらを構成するコンポーネントを対象にSBOMを活用した既知脆弱性の検出を可能にするSCAツールの導入を支援
  • 脆弱性監視・対応プロセスの構築・強化支援:SBOMを活用したコンポーネント単位での脆弱性監視、脆弱性の影響範囲の特定を可能にする脆弱性監視ツールの導入や、脆弱性監視・対応プロセスの構築・強化を支援

 なお、これらの他にも、要望に応じてPSIRTやCSIRTの構築・強化や、SBOM関連の法規・ガイドラインの対応についても支援することが可能だとしている。

「サプライチェーントラストサービス」における支援メニュー<br/>[画像クリックで拡大表示]
「サプライチェーントラストサービス」における支援メニュー
[画像クリックで拡大表示]

【関連記事】
日本企業の生成AI導入率は約2割──NRIセキュアが情報セキュリティ実態調査を発表
NRIセキュア、企業のセキュリティリスクマネジメントを支援するインテリジェンスセンター設立
NRIセキュア、ソフトウェアサプライチェーン領域のリスク対策を支援するサービス提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19128 2024/01/30 15:55

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング