EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NECがビッグデータ事業強化、「顔認証」など分析クラウドサービス3種を発売

  2012/11/07 20:30

NECは、「ビッグデータ」事業の強化として、自社で開発したデータ分析技術を搭載したシステムを用いて、クラウド上で企業がビッグデータ分析の試行や本格利用を迅速・低コストで開始できるサービスを、2012年11月7日から販売開始すると発表した。

 

 第一弾として、国内初のクラウドサービスとなる「顔認証技術活用マーケティングサービス」「不審者監視セキュリティサービス」、さらに「テレマティクスサービス」といった市場ニーズの高い3種の分析クラウドサービスを販売し、順次サービスメニューを拡充する。

 11月7日に東京国際フォーラム「C&C ユーザーフォーラム&EXPO2012」で行われたプレス会見で、執行役員の保坂岳深氏は、「従来の各社が手がけてきた蓄積基盤だけではなく、NECが世界初と自負している分析エンジンをクラウドサービスとして、各社に提供していく」と語った。

日本電気株式会社 執行役員 保坂岳深氏
日本電気株式会社 執行役員 保坂岳深氏

 保坂氏がNECの強みとして紹介した分析エンジンは、「顔画像解析」「行動分析」「インバリアント(不変性)分析」「異種混合学習」「テキスト含意認識」など。これらを組み込み、データ収集・加工・蓄積・分析の一連を行う「ビッグデータ基盤」としてNECのデータセンタに構築し、クラウドサービスとして開始するという。

 デモンストレーションでは、世界初の独自技術と同社が語る「インバリアント分析」(データの相関関係を自動発見し、異常性を検知する)、「顔画像解析」などの内容として、店舗に設置したカメラから不審者の行動を検知する事例が紹介された。

顔認証技術や不審者監視セキュリティサービスのデモ
顔認証技術や不審者監視セキュリティサービスのデモ

 サービスメニューとしては、顔認証技術活用マーケティングサービスが月額7万円から、その他のサービスや環境と合わせ個別見積もりになるという。

 また2012年7月から提供している、同社の専門要員が顧客の実データを使って最適な分析・活用方法を立案する「ビッグデータディスカバリープログラム」においても、「ビッグデータ基盤」を活用することで、これまで顧客ごとにデータ分析検証環境を構築してきた場合と比べて、データ分析期間を最大50%短縮することが可能になると語った。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5