SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

EMCジャパン、検証済みインフラストラクチャ「EMC VSPEX」を強化

最新の「VNX」シリーズを統合し、既存の18種の構成強化と4種の新しい構成を追加、

「VSPEX」のソリューションの一部には、今回新たに「VNX 5400、5600、5800」の各シリーズが追加され、「VSPEX」のパフォーマンスが拡大し、最大1,000台の仮想マシンに対応するとともに、「VSPEX」が対応するワークロードを2倍以上に拡大するという。

「VNX」を統合した新しい構成の「VSPEX」は、1システム当たりでさらに多くの仮想マシンの展開を可能にし、管理者にとって時間のかかるプランニング、サイジング、構成などの手間を軽減し、クラウドへの移行をさらに加速させるとしている。

18種の強化された「VSPEX」の構成は、新しい「VNX」システムと、多数の高度なデータ保護機能を活用しているという。これらの構成は、アライアンスパートナーの最新テクノロジーによるアップデートも含まれているという。

また、バックアップとデータ保護の機能についても、「VSPEX」では、さらに幅広い選択が可能になるという。最新のバックアップ、リカバリテクノロジーにより、すべての「VSPEX」は、最新の「Data Domain DD 2500」および「DD 4200」「Avamar 7」とVMware vSphere Data Protection Advancedによって刷新されるという。

■製品の詳細
http://japan.emc.com/microsites/vspex-ebook/index.htm

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/5109 2013/09/05 15:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング