EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ソフトウェア開発会社、SI事業者、マトリクス認証企業と連携 デル、3社と連携して医療向け仮想デスクトップソリューションを推進

  2014/07/29 12:30

 デルは、高齢化社会や医師不足に対応する医療のニーズに応える新たな取り組みとして、医療向けのITソリューションを提供するソフトウェア開発会社のアステックとSI事業者のパルソフトウェアサービス、さらに、マトリクス認証を提供するシー・エス・イーとの医療向け仮想デスクトップインフラ(VDI)分野における連携強化を発表した。

 デルは、医療向けのITソリューションを提供する取り組みとして、Dell Wyse独自開発のシンクライアントOS搭載のシンクライアントやゼロクライアント端末、VDIの導入を推進しているという。

 今回、ソフトウェア開発会社やSI事業者、セキュリティソフトウェア会社との連携を強化することにより、医療業界が抱える情報システムの安全管理やセキュリティなどのIT課題、さらに地域毎の医療ニーズに応えていくとしている。

 Dell Wyseのシンクライアントやゼロクライアントとのシームレスな統合を実現するデルのソリューションポートフォリオには、高信頼性サーバ「Dell PowerEdge」や優れた拡張性を提供する次世代ストレージ「Dell Compellent」、さまざまなネットワークの用途に応える「Dell Networking」スイッチ製品などがあり、医療分野向けのVDI環境に最適なソリューションだとしている。

 今回の連携パートナーの1社であるアステックは、制御系システムのソフトウェア開発やアプリケーションソフトウェアの開発、システムインテグレーションのコンサルティング業務を実施する。

 また、Wyseシンクライアントと連携する認証ソリューション、SECUREMATRIX(セキュアマトリクス)を提供するシー・エス・イーは、ワンタイムパスワード(OTP)などの認証ソフトにおいて、Dell Wyseシンクライアントと互換性・実績があるという。

 さらに、医療系VDI全体におけるSIサービスの提供という点に関して、今回の連携に関わるパルソフトウェアサービスは、情報システムの企画・立案からプログラムの開発、必要なハードウェア・ソフトウェアの選定・導入、完成したシステムの保守管理のアウトソーシングにも対応しているという。

 今後は、4社が強みとするそれぞれの分野における一層の連携を図ることで、トータルソリューションとしての完成度を高め、大学病院などを含む医療機関に対するVDIソリューションの普及や促進を図っていくとしている。

【関連リンク】
「DELL」のWebページ

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5