EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

個別セキュリティポリシーに適応可能で、他社の影響を受けないサービスを月額固定で TIS、専有型の大規模システム向けプライベートクラウドサービスを提供

  2014/07/29 14:00

 TISは、サーバーだけでなくストレージも含めた専有型の大規模システム向けプライベートクラウドサービス「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service - HOSTED PRIVATE Service 」の提供を開始すると発表した。

 このサービスは、ERPなどの大規模なシステムや、単一のシステムのみならず社内システムの基盤全体を統合するなど、サーバーを多数持つ企業向けの専有型IaaSとされる。

 サーバーだけでなくストレージも専用環境で提供するため、企業のセキュリティポリシーに合わせた利用が可能で、共有型のクラウドサービスのように他社の影響を受けることはないという。月額費用が固定型のプライベートクラウドサービス。

 リソースを共有型のパブリッククラウドサービスは、自社セキュリティポリシーの適応や他社のリソース利用によるパフォーマンスへの影響などが課題となっていた。

 そこで、TISは、企業向けクラウドサービス「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service」のラインナップの新メニューとして、リソース専有型の「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service - HOSTED PRIVATE Service」の提供を開始することにしたという。

 発表によると、新サービスの特徴は次のとおり。

 ・専有型のクラウド環境
  ストレージが共用型のサービスが多い中、ストレージ環境も完全な専有型。そのため、データの所在が明確になるなど、企業のセキュリティポリシーに適合した利用が可能。

 ・月額固定の課金形態
  月額費用が固定であるため、従量課金型で月額費用が毎月変動して、「予算が立てづらい」「予算超過が心配」などの心配がない。

 ・規模システムからの移行が容易
  リソースプールの中から自由にリソース割り当てが可能で、現行のIPアドレスからの変更が不要、かつVMware社がサポートするOSは全て利用可能。そのため、既存の大規模システムからの移行が容易。

【関連リンク】
サービスの詳細

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5