EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ストレージクラフト、柔軟な機能を追加した無償バックアップ管理ツールの提供を開始

  2016/04/14 18:30

 ストレージクラフト テクノロジーは、4月14日、バックアップ管理ツール「StorageCraft ImageManager 7」のソフトウェアに、バックアップ・イメージ管理、およびレプリケートをより簡単かつ柔軟に実現できる新機能を追加したことを発表した。さらに、従来は、有償のプレミアム機能として提供していた、バックアップ・リカバリーの最新テクノロジーである「StorageCraft intelligentFTP」、および「StorageCraft HeadStart Restore」を無償の標準機能として提供を開始した。

 「ImageManager 7」標準機能の強化ポイントは次のとおり。

 ・「StorageCraft intelligentFTP」レプリケーション機能:FTPサーバー、またはWindowsファイルサーバー(SMB/CIFS)に、バックアップ・イメージファイルの転送(レプリケーション)を実行し、レプリケーションの保持ポリシーを柔軟に設定できる機能。プレミアム機能から標準機能になり、無償提供となった。

 ・「StorageCraft HeadStart Restore」リカバリー機能:フェールオーバー用の仮想マシンにバックアップを事前にステージングすることにより、緊急時のリカバリーが数分で完了。新規の増分バックアップは仮想マシンへ自動更新され、スタンバイボリュームは常に最新状態となる。プレミアム機能から標準機能になり、無償提供となった。

 ・アドバンスド・イメージ・ベリフィケーション(整合性検証)機能:StorageCraft VirtualBootテクノロジーを活用して、設定したスケジュールに従い、バックアップを仮想マシンで自動的に起動し検証する。結果は、検証時のシステムログイン画面のキャプチャーを添付したメールで通知。

 ・展開可能な管理フォルダー機能:レプリケーション、HeadStart Restore、intelligentFTP、ShadowStreamの各ジョブなどの詳細情報が表示され、進行中の検証や統合状況なども、一目ですばやく簡単に確認できるようになった。

 ・管理フォルダーのフィルター機能:ジョブタイプごとのフォルダー、実行中タスクがあるフォルダー、同期中のフォルダーなど、設定されたジョブの種類に基づいて、表示するフォルダーをフィルタリングできる。

 ・バックアップストア・フォルダーの一括管理機能:バックアップストア・フォルダーを1つ設定すると、配下にある複数の管理フォルダーに同じポリシーが自動的に設定される。新しく作成される管理フォルダーも自動的に設定を継承。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5