SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ストレージクラフト、柔軟な機能を追加した無償バックアップ管理ツールの提供を開始

 「ImageManager 7」標準機能の強化ポイントは次のとおり。

 ・「StorageCraft intelligentFTP」レプリケーション機能:FTPサーバー、またはWindowsファイルサーバー(SMB/CIFS)に、バックアップ・イメージファイルの転送(レプリケーション)を実行し、レプリケーションの保持ポリシーを柔軟に設定できる機能。プレミアム機能から標準機能になり、無償提供となった。

 ・「StorageCraft HeadStart Restore」リカバリー機能:フェールオーバー用の仮想マシンにバックアップを事前にステージングすることにより、緊急時のリカバリーが数分で完了。新規の増分バックアップは仮想マシンへ自動更新され、スタンバイボリュームは常に最新状態となる。プレミアム機能から標準機能になり、無償提供となった。

 ・アドバンスド・イメージ・ベリフィケーション(整合性検証)機能:StorageCraft VirtualBootテクノロジーを活用して、設定したスケジュールに従い、バックアップを仮想マシンで自動的に起動し検証する。結果は、検証時のシステムログイン画面のキャプチャーを添付したメールで通知。

 ・展開可能な管理フォルダー機能:レプリケーション、HeadStart Restore、intelligentFTP、ShadowStreamの各ジョブなどの詳細情報が表示され、進行中の検証や統合状況なども、一目ですばやく簡単に確認できるようになった。

 ・管理フォルダーのフィルター機能:ジョブタイプごとのフォルダー、実行中タスクがあるフォルダー、同期中のフォルダーなど、設定されたジョブの種類に基づいて、表示するフォルダーをフィルタリングできる。

 ・バックアップストア・フォルダーの一括管理機能:バックアップストア・フォルダーを1つ設定すると、配下にある複数の管理フォルダーに同じポリシーが自動的に設定される。新しく作成される管理フォルダーも自動的に設定を継承。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7956 2016/04/14 18:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング