SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アプリケーションデプロイ/構造化データ管理ソフト市場、20年までのCAGRは5.3%――IDCが発表

 2015年の国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場は、前年比5.0%増の4,113億円となった。同市場は、3つの中分類市場で構成されており、2015年の売上額は、構造化データ管理ソフトウェア市場が2,436億円(前年比成長率4.6%)、アプリケーションプラットフォーム市場の売上額が1,079億円(前年比成長率6.5%)、インテグレーション/オーケストレーションミドルウェア市場の売上額が598億円(前年比成長率4.1%)だった。

 2015年は、大手金融機関や公共関連の大規模プロジェクトが市場を下支えしたほか、パブリッククラウド上でのアプリケーション開発やデータアナリティクスが活発化しており、市場の成長に好影響を与えている。

 2020年の国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場は、5,325億円とIDCでは予測している。同市場に分類されるソフトウェアは、ビッグデータアナリティクスやIoTといった企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現するためのアプリケーション基盤として不可欠な機能を持っている。

 国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場は、DXに取り組む企業のニーズを取り込むことで、2015年~2020年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)5.3%と中期的に高い成長を続けていくと予測している。

 IDC Japan ソフトウェア&セキュリティグループ マーケットアナリストの草地慎太郎氏は、「DXによる市場の成長の果実を享受するために、ITサプライヤーは顧客企業のDX支援の製品やサービスを提供するだけでなく、自身のビジネス体制もDX時代に適合したものに変化していく必要がある」と分析している。

参考資料:国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場予測、2015年~2020年
(作成:IDC Japan)  

 今回の発表は、IDCが発行したレポート「国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場予測、2016年~2020年」にその詳細が報告されている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8607 2016/10/24 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング