EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTT Comと日本マイクロソフト、企業のデジタルトランスフォーメーションを実現する協業を強化

  2017/10/05 15:15

 NTTコミュニケーションズと日本マイクロソフトは、最新テクノロジを活用して経営改革を図る「デジタルトランスフォーメーション」の実現に向けて、協業を強化することを発表した。

 両社は今回、企業のビジネス変革に向けたさまざまなニーズに対応するため、「ハイブリッドクラウドのPaaSへの拡大」および「働き方改革ソリューションの本格化」を進めることで協業関係を強化し、サービスラインナップを拡充する。これにより、企業のデジタルトランスフォーメーションの実現や働き方改革の推進に貢献するとしている。

 両社は、2017年4月より、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」とNTT Comのクラウドサービス「Enterprise Cloud」を効果的に組み合わせたハイブリッドクラウドサービスや、「Microsoft Office 365」による働き方改革ソリューションを 提供してきた。今回、新たに2つの取り組みを開始する。

 1. ハイブリッドクラウドのPaaSへの拡大と運用管理機能の拡充

 「Microsoft Azure」に対応した「SQL Database」「Web Apps」などの豊富なPaaSメニューと、「Enterprise Cloud」をAPIで連携し、「Enterprise Cloud」のオプションとして10月5日より提供開始、順次拡大していく。

 これにより、社内システムのクラウド化などを進める企業にハイブリッドクラウドの多様な利用環境を提供する。例えば、ビックデータなどの秘匿性の高いデータを「Enterprise Cloud」へセキュアに蓄積し、そのデータを暗号化した上で「Microsoft Azure」に搭載されたPaaSで安全に分析するといった利用が可能。

 また、企業の運用管理の利便性を向上するため、契約からサポートまで一元管理できるNTT Comの管理ポータル上で、クラウド型ライセンスへの移行手続きや利用明細のダウンロード機能を拡充する。

 両社は、ハイブリッドクラウドをPaaSまで拡大することで、提供済のIaaSと合わせ、企業のデジタルトランスフォーメーションの実現に貢献するという。また、欧米拠点で7月から提供中の「Azure Stack」サービスも国内導入に向けて準備しているという。

ハイブリッドクラウドサービスの利用イメージ

 2.「Office 365」による働き方改革ソリューションの本格化

 働き方改革の推進に向けて、NTT Com のアプリケーションサービスやネットワークサービスと「Office 365」を連携させたソリューションの提供を本格化する。具体的には、「Office 365」とNTT Comの法人向けレンタルサーバーサービス「Bizメール&ウェブビジネス」やインターネット接続サービス「OCN」、SD-WANサービスを組み合わせて企業の業務効率の向上に貢献する。

 例えば、「Office 365」とSD-WANサービスを組み合わせた場合、多拠点ビデオ会議や動画資料の共有など、働き方改革の推進により大容量となる通信を利用拠点から直接インターネットにブレークアウトする。これにより、サービス利用時のボトルネックが解消される。

Office 365とSD-WANサービスとの連携イメージ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5