Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTTPC、SD-WANサービス「Master'sONE CloudWAN」に「セキュアパッケージ」を追加

2018/06/12 17:00

 NTTPCコミュニケーションズは、業界に先駆けて提供を開始したSD-WAN(Software Defined–Wide Area Network)サービス「Master'sONE CloudWAN」(NTTPCとシリコンバレーにおけるNTTのイノベーションセンターであるNTT Innovation Instituteが共同で開発したサービス)のラインアップを拡充し、インターネットを介さない網構成で利用できる「Master'sONE CloudWAN セキュアパッケージ」を7月5日から提供すると発表した。

 このサービスは、日本企業の多くが利用しているネットワーク環境(NTT東日本・NTT西日本の「フレッツ」を用いた閉域ネットワーク)の良さを残したまま、安心してSD-WAN機能を導入できる、国内VPNサービスとして初めてのサービスになるという。

 国内企業の8割はインターネットを介さない閉域ネットワークでインフラを構築しており、その多くは「フレッツ」をアクセス回線として利用中だという。そのため、NTTPCはアクセス回線に「フレッツ」を用い、NTTPCが提供する閉域ネットワークでSD-WAN機能を利用できるメニューをラインアップとして拡充した。

サービスの特徴

 ・閉域ネットワークで安心してSD-WAN機能を利用

 現在、SD-WANサービスを導入している企業の多くは、インターネット経由での利用環境を整備している。このサービスはインターネットと隔離されたNTTPCが提供する閉域ネットワーク上で、サイバー攻撃などの不安なくSD-WAN機能を利用することができる。

 ・ネットワーク輻輳(混雑)しにくい低遅延なIPoE接続を採用

 アクセス回線の「フレッツ」接続方式としてIPv6 IPoE接続を採用。これにより、従来のIPv4 PPPoE接続と比較して、遅延が少ない企業ネットワークを構築することができる。

 ・シンプルな構成でアクセス回線も一元提供

 NTTPCが提供する専用エッジ装置に、アクセス回線接続用ルーター機能が搭載されるため、専用エッジ装置1台で、「フレッツ」回線を用いた閉域ネットワークの構築が可能となり、シンプルな構成を実現できる。さらに、NTTPCが提供する「ファイバーライン(光コラボレーション)」の申込みにより、アクセス回線から閉域ネットワーク、SD-WANまでを一元的に管理・運用することができる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5