Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

エンタープライズDB、「EDB Postgres Migration Portal 1.1」と日本語マニュアルをリリース

  2019/04/10 15:00

 エンタープライズDB(EDB)は、「EDB Postgres Migration Portal 1.1」および同日本語版マニュアルを4月10日にリリースしたことを発表した。大文字と小文字区別、予約キーワードのサポート、従属オブジェクトの自動評価、新しい修理ハンドラなどに関する機能を強化したバージョンアップになるという。

 EDB Postgres移行ポータル(Migration Portal)は、OracleデータベーススキーマをEDB Postgresプラットフォームに移行するためのWebベースのツールになる。

 Migration Portalは、Oracleデータベーススキーマを評価および分析し、タイプ、テーブル、シーケンス、制約、トリガ、ビュー、ストアドプロシージャ、パッケージ、dblink、マテリアライズドビュー、インデックスを変換し、EDB Postgres Advanced Serverと互換性のあるDDLを生成する。

新リリースのハイライト

 1. 大文字と小文字の区別

 このリリース以降、Migration PortalとEDB DDL Extractorツールは、大文字と小文字が混在する大文字と小文字を区別するようになる。識別子がすべて大文字(Oracleのデフォルト)の場合は、すべて小文字(Postgresのデフォルト)に変換される。

 2. 予約キーワードのサポート

 オブジェクト名または変数名としてのEDB予約語がサポートされる。

 3. 従属オブジェクトの自動評価

 Migration Portalは、オブジェクトを再評価しながら、すべての依存オブジェクトを自動的に評価。この機能により、従属オブジェクトを手動で再評価する手間が省ける。

 4. 新しい修理ハンドラ

 下記は、Advanced Serverの互換性を向上させるために追加された新しい修復ハンドラ。
 ERH-2061:すべてのPL/SQLオブジェクトに対するAdvanced Serverでは、ENDラベルが予約語の場合、ENDラベルは二重引用符で囲まれる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5