Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Dell EMC、コンバージドインフラストラクチャー「Dell EMC VxBlock」の新機能を発表

  2019/04/12 14:45

 デルとEMCジャパンは、コンバージドインフラストラクチャーシステム「Dell EMC VxBlock」の新機能を4月12日から提供すると発表した。

 「VxBlock 1000」は、より優れた拡張性、さまざまなワークロードを統合するコンポーネントの選択肢の幅広さ、また既存システムへの投資を保護しながら新しいテクノロジーを取り込んでいくことができる柔軟性が特徴だという。

 今回、「VxBlock1000」では新たに、「Dell EMC Unity」ハイブリッド モデルおよびデータ保護プラットフォーム「Dell EMC Data Domain」、「Cisco UCSサーバー」、「VMware vRealize Suite 2018」の最新コンポーネントをサポートする。

「VxBlock」の運用における新機能として提供するメリット

 ・新しい機能追加により、クラウド オペレーションをこれまで以上に迅速かつ効率化

  • 「VxBlock Central Orchestrationワークフロー」(VMware vRealize Orchestrator version 7.5環境)
  • 「VxBlock Central Operationsアナリティクス」(VMware vRealize Operations version 7.0環境)
  • 「VMware vSphere 6.7」仮想化プラットフォーム

 ・新しいストレージおよびデータ保護のオプションにより、効率的なバックアップ、アーカイブ、クラウド ティアリングを実現

  • 「Dell EMC Unity」ハイブリッド モデルが選択可能(モデル300、400、500、600)
  • 「Data Domain」高可用性オプション(モデル6800、9300、9800)

 ・Ciscoとの長期にわたるパートナー関係に基づく新しいサーバーおよびネットワーキング オプションが選択可能。これまで以上のスケールとパフォーマンスによる高価値エンタープライズ ワークロードの最適化を実現

  • 「Cisco UCS 6454 Fabric Interconnect(Gen 4)」
  • 「Cisco UCS C480」(「VxBlock 1000」で利用可能なCisco M5ラックサーバーの範囲を拡張)

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5