Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

富士通クラウドテクノロジーズ、データサイエンティストによるAI活用のための事前診断サービスを提供開始

  2019/08/29 15:30

 富士通クラウドテクノロジーズは、AI(人工知能)活用を検討している企業向けに、同社のデータサイエンティストが「生データ」を質的、量的に分析し、AI活用の実現可能性を評価するサービス「データアセスメントレポート」の提供を開始すると発表した。

 「データアセスメントレポート」は、既存のデータを用いたAI予測モデル開発の実現可能性を評価する、AI活用の事前診断サービス。AI活用は一般的に「データアセスメント」、「データの前処理」「モデル開発」「システム実装」「運用開始」という段階を踏んで進められる。

 このサービスは、その第一段階となる「データアセスメント」の部分を切り出して提供するもので、扱うデータは、構造化データ(売上データ、センサーデータなど)と非構造化データ(テキスト、音声、画像など)の両方に対応している。

 データ分析の専門スキルを持ったデータサイエンティストが、顧客企業から提供された「生データ」を質と量の観点から分析し、AI活用目的に合わせて予測モデル開発に最適なアルゴリズムの選択肢を提案するという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5