Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「エンタープライズ製品に特化したRIA」 Curlはデータ処理にこそ強い

  2007/10/19 17:08

都内で行われた「Curlビジネスフォーラム 2007」では、エンタープライズ 2.0時代にRIAを活用する事例が紹介された。

 Curlは19日、「Curlビジネスフォーラム 2007」を開催した。「最新事例でわかるエンタープライズ2.0の本質」と題し、企業システムにリッチインターネットアプリケーション(RIA)を活用していくメリットや事例が紹介された。

 冒頭、井藤 登社長は「Web 2.0時代となった現在では、企業システムにもエンタープライズ2.0と呼ぶべき変化が訪れている」と述べ、従来のホストマシン、クライアント・サーバアプリ、Webアプリと変遷してきたITシステムが、RIAを活用したシステムへと、新たな段階に進化する必要性を強調した。

井藤氏
井藤氏

エンタープライズ向け用途にこそ強いCurl

 一般にRIAというとAjaxやAdobe社のFlashなどがポピュラーとなっている。CurlもFlashと同様、主に「RTE」と呼ばれるブラウザ用プラグインをインストールして使用する。

 Flashとの大きな違いは、サーバからソースコードである「Curlファイル」を直接ダウンロードし、ローカル環境で即時コンパイルして展開する点だ。その後は必要に応じてデータをXMLやCSV形式でサーバとやりとりすることになるが、ファイルをローカル環境で展開しているため、仮にネットワーク環境に接続が途切れてもアプリケーションを実行することが可能となる。また、ソースコードそのものをクライアントに持ち、サーバとの接続を頻繁に行う必要がないため、PCの性能を活かした高速処理を行うことができる。

 Curlはグリッドレイアウトやツリー、アイテムのドラッグ&ドロップなどリッチなUIを提供しており、特に数万件に及ぶ大量データの処理や、3D表現を含むグラフレイアウトには定評がある。また、帳票機能やCurlアプリケーションからローカル環境へのコピーを認めないセキュリティ機能など、社内システムや企業間システムといったエンタープライズ向け用途において高いパフォーマンスを持つ。

Curlデモの一例
Curlデモの一例

 新製品となるCurl Ver 6.0では、JavaScriptとの連係機能強化や、統合開発ツール(IDE)の機能充実を図っている。今後Curlでは、VBなどを利用しているクライアント・サーバアプリケーション資産を、Curlアプリケーションへマイグレーションするソリューションなどを展開していくという。

カール - リッチクライアントWebテクノロジー

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5