SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

Developer, Developer, Developer!/マイクロソフト スティーブ・バルマーCEOが日本市場へのさらなるコミットを約束

米MicrosoftのCEOであるスティーブ・バルマー(Steve Ballmer)氏は、日本市場と顧客の動向をより深く知るために2カ月間、東京に滞在した経験をもつ。そのせいもあるのだろうか、来日したときはいつも日本市場への深いコミットを強調し、顧客や開発者に対する謝意を表明することを忘れない。

5月23日に東京・品川にて行われた開発者向けのイベント「Microsoft Developer Forum」にて講演したバルマーCEO。1年半ぶりの、しかも震災後は初となる来日だったからか、サービス精神が旺盛すぎて、Windows Phone 7の次期バージョンの新機能についてつい口をすべらせそうになる(MSの中の人は相当驚いたはず……)場面もあったが、おなじみの「Developer, Developer, Developer!」も含め、力強く熱いメッセージを会場に詰めかけた500人の開発者に残していった。

本レポートではそのWindows Phone情報も含めて、バルマーCEOが行った基調講演の中で気になったトピックをいくつか紹介してみたい。

震災の被害に心からお悔やみを

復興支援活動について、
最大限の支援をコミットするバルマーCEO

「日本はMicrosoftにとって米国に次ぐ世界第2の市場。すばらしいパートナーシップを築いてこれたことにあらためて感謝したい」

―基調講演の冒頭では、まず日本法人が今年2月、無事に25周年を迎えたことについて、日本市場と顧客に感謝の意をあらわした。

つづけて、3月に起こった東日本大震災について、

「被害に遭われた方々に心からお悔やみ申し上げる。Microsoftとしても最大限の支援を行っていきたい」と復興への支援を約束。

日本マイクロソフトはすでにいくつもの復興支援活動を実施しているが、CEOのコミットにより、さらに積極的なサポートが実現することが確実になった。

次のページ
5つのコアテクノロジとイノベーションの方向性

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

五味明子(ゴミ アキコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3164 2011/05/26 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング