SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

「情報化白書」ITレポート

デジタルフォレンジックとは何か

2011年11月に翔泳社より刊行された『情報化白書 2012』(一般財団法人日本情報経済社会推進協会編)は、IT業界の現状を俯瞰することを目的として、最新トピックスからITに関連した法制度などに至る広範な記事を掲載している。このコーナーでは、『情報化白書 2012』の編纂に合わせて行われた調査報告などからまとめたレポートを紹介していく。その第3弾として、『情報化白書 2012』の記事から「インシデントや脅威への対応」を5回にわたって掲載する。

2 デジタルフォレンジック

2.1 フォレンジックとは何か

 フォレンジック(forensic)とは、法医学、鑑識を意味する言葉である。コンピュータの関連分野でフォレンジックという場合、消去されたデータやファイルの痕跡も含めた記録媒体の調査のことを指す。

 いまやコンピュータといえばノートパソコンやデスクトップパソコンだけでなく、携帯電話、スマートフォン、電子書籍用端末、タブレット型コンピュータ、携帯ゲーム機など、さまざまな形態のものが存在する。情報処理を行うことができる機器を用いて人間が何らかの情報処理を行ったならば、そこに痕跡や材料となる情報が残る。

 材料を集めて時系列に並べて整理し、調査対象となる人間のコンピュータ上の「行動」を探る。そのための知見や技術分野をデジタルフォレンジックと呼ぶ。

次のページ
2.2 フォレンジックの歴史と最近の事件

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
「情報化白書」ITレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中谷 昌幸(ナカタニ マサユキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

園田 道夫(ソノダ ミチオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3896 2012/05/18 00:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング