SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

超実践!Excelデータ分析講座

【Excelデータ分析講座】4-1 テーブルの基本操作~テーブル編


Excel 2007から登場したテーブル機能は、データベースのようにデータを2次元の表として扱える機能です。フィルター、並び替え、集計といったごく基本的なデータ分析操作を効率よく行うことができます。また、これまで登場した「グラフ」や「統計関数」といった機能と併用することで高度な分析をより効率的に行うことができます。「Excelデータ分析講座~テーブル編」では、基本的なテーブルの利用方法とそれらを利用したデータ分析の3つの例(営業成績分析、在庫回転率分析、成長性分析)を説明します。第1回の今回は、テーブルの基本操作について説明します。なお、この連載では、Excel 2010を使用しています。

テーブルを作成する

 テーブルの機能を利用するには、最初に、ワークシート上の表形式のデータをテーブルに変換する必要があります。それでは、以下のような社員データをテーブルに変換してみましょう。

キャプチャ
 
セル範囲A1からH10を選択した状態で、「挿入」タブの「テーブル」をクリックする。
キャプチャ
 
「テーブルの作成」ダイアログ・ボックスで「OK」をクリックする。
キャプチャ
 
テーブルが作成された。
キャプチャ

次のページ
行を追加する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
超実践!Excelデータ分析講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

平井 明夫(ヒライ アキオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/4129 2012/09/03 10:38

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング