SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

x86サーバの仮想化

Citrix XenServerを使ってみよう

第3回

 3回目の最終回は、無償で使用できるXenServer Express Editionをダウンロードし、XenServerのインストールから仮想マシンを作成するまでの手順をご紹介します。

1.XenServerのEdition

 XenServerはExpress Edition、Standard Edition、Enterprise Edition、Platinum Editionの4種類のEditionがあります。それぞれのEditionのバイナリーは同じなので、例えばExpress EditionからEnterprise Editionにアップグレードする場合でも、ライセンスキーを登録するだけでEnterprise Editionとして使用できるようになります。

 Express EditionからEnterprise Editionへのアップグレードの際に、XenServerの再インストールや仮想マシンの再作成などは一切必要ありません。以下の表はXenServerのそれぞれのEditionでサポートされる機能の一覧になります。

XenServer Express Standard Enterprise Platinum
管理モデル シングルサーバー 複数サーバー 複数サーバー 複数サーバー
同時実行VM数 4 制限なし 制限なし 制限なし
物理メモリ 4GB 制限なし 制限なし 制限なし
物理CPU 2ソケット 2ソケット 制限なし 制限なし
VLAN   Yes Yes Yes
共有ストレージと
リソースプール
    Yes Yes
QoS サポート     Yes Yes
XenMotion (Live Migration)     Yes Yes
サーバプロビジョニング       Yes
推定小売価格 無償 \153,000 \510,000 \850,000

 すべてのXenServerはXenCenterと呼ばれるWindowsベースのアプリケーションから管理されます。Express EditionではXenCenterから管理できるXenServerは1台だけになります。また、同時実行仮想マシン数が4台、メモリも4GBという制限がありますが、XenServerはATAディスクにもインストールして使用することが可能であるため、まずはExpress Editionで仮想マシンを使ってみることをお勧めします。

 同時実行仮想マシン数が4台以上になるような場合や、XenServerを追加で使用する場合などは、Standard Editionにアップグレードします。Enterprise Editionでは複数のXenServerからNFS、iSCSI(IP-SAN)、SAN(FC-SAN)のそれぞれのストレージを共有ストレージとして接続することができます。

 共有ストレージを使用することで、仮想マシンはXenMotion(ライブマイグレーション)の機能が使用できるようになるだけではなく、仮想マシン起動時にXenServerのリソース使用率に基づいて最適なXenServerから起動する自動配置の機能なども使用できます。

 Platinum EditionはXenServerの機能としてはEnterprise Editionと同じですが、仮想マシンと物理マシンに対してプロビジョニングが行える「Citrix Provisioning Server」をバンドルしています。Provisioning ServerはOS、コンフィグレーション、アプリケーションから成り立つアプリケーションワークロードをProvisioning Serverが管理するvDISKに保存します。

 すなわち、仮想マシンと物理マシンはローカルディスクを持たず、Provisioning Serverに設定されたアプリケーションワークロードに従い、ネットワークブートすることになります。例えば、日中はCitrix XenApp(旧Citrix presentation Server)を物理マシンから起動し、夜間は負荷の高いバッチ処理のワークロードに切り替えて運用することが可能です。

 また、1つのアプリケーションワークロード(vDisk)から数百の物理マシン、仮想マシンを起動できます。パッチなどをvDISKに適用すると、リブートの時点でそのイメージから起動される物理マシンと仮想マシンのすべてに同様の適用がなされることになります。

 それでは、実際にXenServer Express Editionをダウンロードしインストールしてみましょう。

次のページ
2.XenServerインストールの用意

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
x86サーバの仮想化連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

平谷 靖志(ヒラタニヤスシ)

シトリックス・システムズ・ジャパン(株)で仮想化を担当。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/611 2008/08/01 11:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング