Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

みずほ銀行、「IBM z13」採用でアプリケーションをプライベート・クラウド基盤に統合

  2015/04/28 15:10

 日本IBMは、みずほ銀行IBMの最新メインフレーム「IBM z13」の採用を決定したことを発表した。「IBM z Systems」は、みずほ銀行のネットバンキング・サービスを支えるダイレクト・チャネル基盤および基幹業務である勘定系システム基盤として稼働しており、今回新たに海外勘定系システムの基盤としてその最新モデルである「IBM z13」が採用されたという。

 みずほ銀行では、銀行業務だけでなく信託や証券などの業務を一元的に支える共通ITプラットフォームの構築によるワン・ストップサービス実現を推進しているという。最新の「IBM z Systems」のプライベート・クラウド基盤上にアプリケーションを統合・集約を進め、運用負荷を軽減することで、約2割のコスト削減とともに、顧客サービスのさらなる拡充を見込んでいる。新システムは2016年後半の稼働開始を予定している。

 また、複雑なデータ基盤におけるさまざまなワークロードを効率的に処理するため、「IBM DS8870」ストレージを採用し、メインフレーム上での分析の高速化によりデータのさらなる活用を支援しているという。

 「IBM z13」は、モバイルをはじめとするデジタル・テクノロジーの進歩に対応し、高度なセキュリティが求められる業務において、1日25億トランザクションを処理する能力を有する初めてのシステムで、3月から出荷を開始している。

 みずほ銀行は、「IBM z Systems」の活用により、24時間365日無停止の堅牢性とITコストの削減を両立。また、スマートフォンの普及による新たな取引チャネルへの柔軟な対応を強化し、将来的には取引の動向をリアルタイムに分析し、さらなる利便性を提供する計画だという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5