Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

IBM、金融機関向けの支援サービス「FinTechプログラム」を提供

  2015/09/14 14:20

 日本IBMは、金融とテクノロジーを組み合わせ新たな金融サービスを実現する「FinTech」について、金融機関向けの支援サービス「IBM FinTechプログラム」を10月1日から提供すると発表した。

 「IBM FinTechプログラム」では、IBMのグローバル・ネットワークによって世界的レベルでFinTechの動向を捉え、日本での革新的なFinTechサービスの導入を推進するという。

 さらに、IBM Design Thinkingのアプローチや、最新のアジャイル開発手法・各種テクノロジー・ツールを活用することで、新たな革新的アイデアの創出からそれを具現化するFinTechアプリケーション開発の実証実験までを一貫して支援するとしている。

 これには、オープン・コンテスト形式のハッカソンに加え、対象を限定しながら創造的環境で試作的に作ったモックアップ・アプリケーションの開発プログラムが含まれる。そして、実際に導入するFinTechサービスを見極めた後は、高度なセキュリティーを維持して既存システムと接続して導入し、金融システムとして安定して運用するサービスを提供する。

 これらを実現するため、IBMが海外の金融機関などで経験してきたAPIバンキングの知見や技術を生かし、FinTechアプリケーションと金融機関の既存システムが、迅速、低コスト、柔軟に接続可能となるAPIを金融機関と連携して構築し提供するという。

 これらは、IBMのPaaSクラウドであるBluemix上で実現され、さらに今後は、FinTechサービスをより高度化するため、アナリティクス・ツールなどと組み合わせ、IBM FinTechエコシステム・プラットフォームとして提供していくという。

 FinTechサービスを提供するスタートアップ企業向けには、「IBM BlueHub」やIBMエコシステム・デベロップメントの提供プログラムなどを活用し、企業の成長を支援するインキュベーション活動を行い、メンターとしての役割や、技術支援なども行っていく。

 「IBM FinTech プログラム」は、金融機関を対象に、FinTechに関する知識を深めるステージ、アイデアを具現化してシステムの実証実験を行うステージ、金融機関の既存システムに接続しサービスを本格的に導入するステージという3段階に渡り、次の4種類のプログラム・メニューを提供する。

 1. FinTechワークショップ

 IBMのグローバル・ネットワークを活用しFinTechの動向を捉え、FinTechサービス活用するためのナレッジを提供。また、実際の活用事例やFinTech企業を視察するツアーも企画する予定。

 2. ハッカソン・サポート

 金融機関がハッカソンを行う際、グローバルでのハッカソン・サポートの経験を活用し、アイデアの募集からそれを実現するアプリケーションの試作・評価までのプロセスを支援。

 ハッカソンを実施するためのアプリケーション開発・テスト環境をBluemix上に構築し、サンプルAPIも金融機関と連携して提供。

 3. FinTechデザイン・ラボ

 IBM Design Thinkingのアプローチを活用し、新たなデザインやアイデアの創出からビジネスのユースケースを作成し、かつ、アイデアを実現するFinTechアプリケーションの試作までを一気通貫で支援するプログラムを、必要なアプリケーション開発基盤とともに提供。

 また、金融機関との接続に必要なセキュリティーの強化や規制対応への技術支援も実施。2日の短期ワークショップや、3週間でアプリケーション・デザインから試作プログラムをBluemix上で開発するセッションなどを提供。

 4. FinTech導入・運用サービス

 金融機関に対して、セキュリティーや規制対応を確実に行いながら、ガバナンスのもとで既存の勘定系システムとの接続を行うサービスを提供。金融機関の既存システムに応じたAPI接続を行い、迅速かつ低コストで継続的にFinTechアプリケーションを接続する、IBM FinTechエコシステム・プラットフォームを構築。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5