SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

イチから学ぶデータベース最新技術 - Oracle Real Application Clusters編

RACの障害リカバリ

 前回の連載ではOracle Real Application Clusters(RAC)への接続と負荷分散について解説しました。RACはノードを増設することでCPUとメモリーのスケール・アウトが可能です。RACのもう1つの特徴として、高可用性があります。RACのノードが障害を起こしても、残りの正常ノードがトランザクションを一貫性のある状態に自動的にリカバリします。

Oracle Grid Infrastructureの役割

 RACを構成するコンポーネントとして、Oracle Databaseのソフトウェアをインストールする前にOracle Grid Infrastructure(GI)のソフトウェアをインストールします。GIをインストールすると、インストーラが自動的にクラスタの構成を行い、各ノードの監視を開始します。続いてOracle Databaseのソフトウェアをインストールし、Database Configuration Assistant(DBCA)ユーティリティでデータベースを作成すると、RACデータベースを構成するOracleインスタンスがGIに登録され、監視対象となります(図1)。

 Oracleインスタンスの起動もしくは停止があると、GIはRACを構成する他のOracleインスタンスにこの増減を通知し、それをトリガーとしてクラスタの再構成が開始されます。

 各コンポーネントの障害からのリカバリについて見ていきましょう。

Oracleサーバー・プロセス障害

 OracleクライアントはOracleリスナー・プロセスに接続リクエストを発行し、Oracleサーバー・プロセスを生成してOracleインスタンスに接続されます。専用サーバー・プロセスと呼ばれる構成では、1本のセッションにつき専用の1つのOracleサーバー・プロセスが生成されます。Oracleサーバー・プロセスがSQLの実行主体です。

 Oracleサーバー・プロセスに障害が発生すると、Oracleインスタンスによって検出され、自動的にそのOracleサーバー・プロセスが実行していた未完了トランザクションがロールバックされます。Oracleクライアントにはエラーが返り、アプリケーションがそのエラーを処理します。Oracleサーバー・プロセス障害の場合、他のセッションはエラーとなるような影響を受けずにトランザクションを継続できます(図2)。

次のページ
Oracleインスタンス障害

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
イチから学ぶデータベース最新技術 - Oracle Real Application Clusters編連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

日下部 明(クサカベ アキラ)

日本オラクル データベース担当。Oracle GRID Centerのラインマネージャとしてオラクルの持つ最新技術をパートナー各社と共同で検証し、多くのホワイトペーパーを執筆・レビュー。以後、その経験を元にミッションクリティカルな案件のソリューションデザインの提案などを担当。データベースセキュリティ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/9710 2017/09/15 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング