Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

最終回 提出前にひと手間かけて他の人と差をつけよう~推敲・レビューの進め方

  2009/05/11 09:00

マニュアルライティング講座もついに最終回。今回は書き上げた後のチェックと、他の人が書いた文書のレビューを効果的に行う方法を解説します。

ちょっとの時間を作り出そう。チェック抜きこそ、品質ダウンの元

 マニュアル講座の第5回、最後の回となりました。今回は書き上げた後のチェックと、他の人が書いた文書のレビューを効果的に行う方法を解説します。ついつい時間がなくて疎かになりがちなチェック、そして人によって指摘の仕方にバラツキが生じがちなのがレビューです。

 私自身、日々、スタッフの原稿をチェックし、プロジェクトによってはクライアントさんからマニュアルなどのドキュメントに対してレビューを受け、修正して仕上げています。「見直しが足りないな。こんな風に自分でチェックしていれば、もっといい原稿になるのに…」と思ったり、「なるほど、この指摘はわかりやすい!」と納得したりした経験を通してのチェック&レビューのポイントをご紹介します。

ちょっとした手間が、後の冷や汗を防ぎます
ちょっとした手間が、後の冷や汗を防ぎます

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 高橋 慈子(タカハシ シゲコ)

    テクニカルライター。テクニカルコミュニケーションの専門会社 株式会社ハーティネス 代表取締役。マニュアル制作や改善に携わるほか、わかりやすく書く技術を盛りこんだ企業研修なども行っている。

バックナンバー

連載:ドキュメント力を強化したい人のためのマニュアルライティング入門講座
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5