Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第3回 システムの安定稼働で重要な役割を果たす「監視」とは

  2009/12/08 07:00

システムの安定稼働を実現するためには、ネットワークやサーバなどのインフラや、それらの上で実行されるアプリケーションの稼働状況を総合的に監視する必要がある。今回は「監視」について解説する。

システムの安定稼働で重要な役割を果たす「監視」とは

 システムの安定稼働を実現するためには、ネットワークやサーバなどの稼働状況を常に確認し、それらの上で実行されるデータベースサーバやWebアプリケーションサーバなどの稼働状況を総合的に監視する必要がある。

 ここで重要なのが「総合的に」という部分だ。というのも、サーバやOS、データベースなどの監視対象はそれぞれが独立してログ情報やエラーを独自に発行するからだ。個別のフォーマット、個別のルールで報告される情報を捌くのは非常に手間のかかる行為なのだ。

 例えば、データベースサーバがハードウェア障害でダウンした場合であれば、Webサイトの応答待ち時間切れエラー、ネットワークの通信エラー、OSのダウンなど、さまざまなエラーが運用管理者にバラバラに報告され、運用管理者を困らせる。

図1:あちこちから報告される障害が運用管理者を悩ませる
図1:あちこちから報告される障害が運用管理者を悩ませる

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

バックナンバー

連載:資格試験で学ぶシステム運用管理者入門

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5