EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ニフティとビットアイルはなぜいま手を組んだのか―日本のベンダー同士が手を組むメリットを訊いた

  2014/10/07 00:00

 「モバイルファースト、クラウドファースト」これはベンダーが言い始めたことだが、いまやユーザーにもかなり浸透した。何か新たなシステムをと考えた際に、それがクラウド上で実現できないかを検討するのはもはや当たり前。とはいえ、クラウドだけですべてを完結できる企業はほとんどない。多くが同時にオンプレミスのシステムを運用し、将来的なプライベートクラウド環境の構築も視野に入る。そんな中でたんにパブリッククラウドを利用するというのではなく、より効率的に利用するするためにパブリッククラウドとデータセンターを組み合わせるという、新たな利用形態にも注目が集まっている。

パブリッククラウドとデータセンターを組み合わせる新たなユーザーニーズ

高倉敏行氏
ビットアイル 高倉敏行氏

 「ニフティの上野さんとは、顧客のニーズとしてパブリッククラウドとデータセンターの組み合わせというのが出てきているねという話はしていました」と語るのは、株式会社ビットアイル マーケティング本部長 高倉敏行氏だ。

 独立系データセンター事業者であるビットアイルとクラウドサービスを提供するニフティ。両社が提携する背景には、クラウドに対するユーザーニーズの変化があった。これまでは、価格やサービス品質をくらべ「どのパブリッククラウドを選択すべきか」を考えてきた。それがいまでは「どういったクラウドの利用形態を選ぶか」に変わりつつあるのだ。

 データセンターとパブリッククラウドを組み合わせれば、自社に大きな帯域の高価なネットワークを引かずともパブリッククラウドとオンプレミスのシステム、あるいはプライベートクラウド環境をシームレスかつ効率的に連携できる。そのような環境がなければ、クラウド上にいくら立派なシステムを作ってもオンプレミスとのデータ連携にはかなり苦労することになる。

 つまり、電子メールなどクラウド上だけで完結するシステムなら移行しやすいが、さまざまなシステムが連携しデータのやりとりがある業務システムをクラウド化するのは難しいのだ。セキュリティに対する懸念やガバナンス面からの企業ルールによる制限で、パブリッククラウドには置きたくないシステムは必ずある。そういったシステムとも密に連携する業務システムは、なかなかクラウドには置けない。この課題を解決するのが、今回の提携で実現しているようなパブリッククラウドとデータセンターの組み合わせというわけだ。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリストとして、クラウド、データベース、ビッグデータ活用などをキーワードに、エンタープライズIT関連の取材、執筆を行っている。

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5