SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

CTC、VMware vSANを利用したハイパーコンバージドソリューションを提供開始

 仮想化技術やビッグデータの普及に伴い、データを保存するストレージに対する要望は、処理速度や拡張性、コスト面でのメリットなど重視される要件が多様化している。サーバに内蔵されたハードディスクやSSD(Solid State Drive)を使用して、仮想化環境の共有ストレージを実現するハイパーコンバージドインフラストラクチャは、初期投資を安価に抑えられ、使用状況に応じて柔軟に拡張できる仮想化ソリューションとして注目が集まっている。

 「VMware HCI」は、サーバの内蔵ディスクを仮想化環境の共有ストレージとして管理するためのソフトウェアVMware vSANを中心に、仮想化環境を管理するVMware vSphereおよびVMware vCenterを組み合わせたVMware社が提供するハイパーコンバージドインフラストラクチャになる。

 ストレージを管理するvSANを仮想サーバの管理機能に統合したことで、専用ストレージに関する専門知識がなくても、運用しやすく、柔軟に拡張でき、障害に耐性のある仮想環境のためのストレージを構築することができるとしている。

 CTCが提供するハイパーコンバージドソリューションは、VMware社との戦略的提携に基づいて提供される「VMware HCI」とシスコ社やDell EMC社製サーバ、CTC独自開発ソフトウェアなどを組み合わせた検証済みモデル。CTCは、製品と合せて、仮想化やネットワークなどの設定を含めた構築支援から、ソフトウェアおよびハードウェアの統一的な保守サポートまでトータルなサービスを提供する。

 構築した仮想化環境でストレージを含めたリソースが不足してもサーバを追加することで対応ができ、使用状況に必要十分な環境を用意することが可能になる。

 CTCの独自開発ソフトウェアを搭載したオプションは、障害発生に伴う業務を自動化する「Avail-I」で、今後は、企業向け文書情報管理システム「EIMANAGER」に加え、さらなるハイパーコンバージドソリューションで提供するソフトウェアやハードウェアを拡充していく予定だという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10249 2017/12/26 15:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング