SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

インテック、UI/UXを全面刷新した統合ログ管理の最新版「LogRevi Version 8.1」を販売開始

 ■「LogRevi Version 8.1」の特徴

  • 既存機能はそのままに、独自用語や専門用語を理解しやすい言葉に置き換え、ユーザニーズ・行動シナリオを考慮したデザイン
  • ログ検索やレポート作成をはじめとする全ての機能を直感的に操作できるように見直し、統合ログ管理製品に触れたことがないユーザでもすぐに始められるインターフェイス

 業務効率化や不正残業抑止の働き方改革の観点から、今後企業におけるログ活用は一層重要度が増していくことが予想される。すでにログ統合管理製品を導入している企業では、情報システム部門がセキュリティ強化を目的として利用するだけでなく、人事部、総務部、営業部など様々なライン・スタッフ部門が、労務管理や業務効率の観点でログ活用を検討しているという。

 一方で、専門的な統合ログ管理製品を触ったことがないユーザ部門にとって、ログの検索や分析は難易度が高く、社内教育・作業時間の捻出が足かせとなり、活用が難しいケースがあるという。こうした背景の中、簡単な操作でログの活用をサポートできるようにLogRevi のUI/UXの全面刷新を行ったとしている。

 「LogRevi」は、企業内に存在するさまざまなシステムのログを統合管理する、インテックが開発したセキュリティ製品。形式の異なる複数のログを統合管理できるだけでなく、高速検索、複数ログ閲覧ビューア、レポーティング機能、アラート機能、マスタ連携機能、突合せレポート機能など、ログを活用するための機能が充実してる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/11666 2019/01/31 14:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング