SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

デル テクノロジーズ、ストレージ製品「Dell EMC PowerMax」の大幅機能アップデートを発表

業界初、永続ストレージとしてデュアルポートSCM SSDを提供

 「PowerMax」は、市場で初めてデュアルポートのインテル Optane SSDを実装するとともに、永続ストレージとしてSCM(ストレージクラスメモリー)を使用している。デルとIntel社の共同開発によるデュアルポートのインテル Optane SSDは両社のパートナーシップを背景にしたイノベーションの成果だとしている。

 また、デル テクノロジーズは、すべての「PowerMax」アレイでNVMe-oFが利用可能になったことも発表した。これにより、真のエンドツーエンドのNVMeを通じて、モダンエンタープライズに不可欠なパフォーマンスと低レイテンシーを提供する。

オペレーションの合理化とアプリケーション開発のスピードアップを実現

 「PowerMax」は、インフラストラクチャーのオペレーションとDevOpsワークフローを簡単に自動化できるようになった。企業は、「PowerMax」ストレージを、構成管理およびコンテナ化したワークロードを含むアプリケーション展開に活用できる。

 また、「PowerMax」の自動化インフラストラクチャープロビジョニングと管理タスクによって、俊敏で効率的なITオペレーションが可能になる。

「PowerMax」がクラウドの柔軟性を提供

 企業は、「PowerMax」をさまざまな形でマルチクラウド戦略に取り込むことができる。「PowerMax」はハイブリッドクラウド環境の俊敏性とともに、世界クラスの可用性、柔軟性、セキュリティー、パフォーマンスを提供する。

 リリースされたばかりの「Dell Technologies Cloud Validated Designs for Dell EMC PowerMax」では、独自のハイブリッドクラウドインフラストラクチャーを構築する一方で、特別な容量要求に対するスケーリングや統合データ保護などの高度な機能をはじめ、固有の要件がある外部ストレージのワークロードに対して柔軟にデプロイすることもできる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/12534 2019/10/10 15:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング