EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

マクニカ、損保ジャパン、SOMPOリスク、IoT製品のデータを活用した保険サービスを提供

  2020/05/27 16:00

 マクニカ、損害保険ジャパン、SOMPOリスクマネジメントは、IoT製品やシステム、保険、サービスをパッケージ化し、5月から協働で提供する。

 同サービスでは、マクニカがグループの多様なラインアップや技術力を活かして、製造業を中心にコンサルティングやセンシングデータ収集、AIモデルの開発・組み込み、システムの運用の、ワンストップでのサポートを行う。また、IoT製品「SENSPIDER」やセンシング端末といったハードウェアの開発、データ生成ツールや分析ツールのソフトウェア開発も担当している。

 損害保険ジャパンとSOMPOリスクマネジメントは、企業向けの建物(工場)や設備・機械の損害を補償する保険、およびその関連サービスを提供する。

3社による協創イメージ
3社による協創イメージ

 マクニカのIoT製品やシステムに、保険やサービスをパッケージ化して提供することで、重要設備の稼働状況データの蓄積、可視化が容易になる。これにより、設備の事故・故障の予知によって事故や故障で製造が停止するのを未然に防げる。また、収集された稼働状況に関するデータをもとに、適切なリスク管理ができるため、稼働状況に応じた工場ごとに適した保険の提案が可能になる。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5