SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

カインズ、Salesforceを活用しシステムを完全刷新へ DX実現とカインズブランド向上を目指す

 セールスフォース・ドットコムは、カインズが推進する顧客接点を支える全てのシステムの完全刷新を支援し、同社のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援することを発表した。

 カインズではこれまでにも、Salesforce Marketing Cloud を段階的に導入・運用しており、今回の新規クラウド化により、顧客接点を支える中心となるシステムにおいて大幅な刷新が進行したとしている。

 カインズ、デジタル戦略本部長の池照氏は「当社の中期経営計画『PROJECT KINDNESS』は、4つの戦略を柱として構成しており、このうちの1つである『デジタル戦略』は、顧客体験の向上を実現する重要な取り組みとして位置付けています。顧客に対して新たな価値を提供するためにデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現し、煩わしさから解消、エモーショナルな体験を創造するとともに、カインズブランドの価値向上、そして従業員の働きがいを高めることを目指します。このような背景において顧客接点の刷新、クラウド化は当社のDXの中核をなすものです。そしてSalesforceによるシステム開発がコードを書くことなくローコードあるいはノーコードで実現できることは、当社が考えるエンジニア人材の内製化にとって大きなポイントとなります」と述べている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13500 2020/10/12 17:26

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング