SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Dropbox、バーチャルファースト企業へ 全従業員がテレワークを基本にした勤務形態に

 Dropboxの日本法人であるDropbox Japanは、全従業員がテレワークを基本とする「バーチャルファースト」企業となるという本社決定に従い、日本法人でも準備を進めていくと発表した。

 Dropboxの委託でThe Economist Intelligence Unit(EIU)が実施した最新の調査(英語)では、ナレッジワーカーは自宅の方が集中できることや、在宅勤務でも以前と同じように仕事をこなせることが明らかになっている。Dropboxが実施した社内調査でも、ほぼ9割の社員が「在宅勤務でも生産性を維持できるので、週5日出社が前提の勤務形態に戻す必要はない」と回答している。

 一方で、連続するビデオ会議、頻繁に届く通知、仲間に会えない寂しさは大きな負担となっている。EIUの調査では、直接顔を合わせてやり取りする機会がないと、企業文化が損なわれ、コミュニケーションが行き違いになるリスクが高まるだけでなく、複数のメンバーと協力して新しいプロジェクトに着手し、共同で作業するのが難しくなるとの回答が得られているという。

 Dropboxは以前の働き方に戻らず新しい方法を選択することにし、ポリシーを実現するために以下の5つの目標を掲げた。

  • 企業としてのミッションを支える
  • 社員が自由かつ柔軟に働けるようにする
  • 人間的なつながりと企業文化を守る
  • 企業としての健全性を長期的に維持する
  • 学ぶ姿勢を持ち続ける

 同社は、社員と地域社会の健康と安全を考慮して、原則在宅勤務の方針を2021年6月まで延長するとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13562 2020/10/29 19:12

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング