EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTTデータとSnowflake、QlikがDX・デジタルデータ活用で協業

  2021/01/13 15:35

 NTTデータとSnowflake、クリックテック・ジャパン(以下、Qlik)は、Snowflakeのクラウドデータプラットフォーム活用促進に向け協業し、「Snowflake×Qlikデジタルデータカップリングon A-gate」の提供を2021年1月13日より開始することを発表した。

 NTTデータとSnowflakeは、2020年9月より資本提携を開始し、企業のデータ活用によるDX支援を進めてきた。今回3社は、国内外の顧客に対してDXの取り組み・デジタルデータ活用の促進を強力にサポートすることを目的に協業し、2021年1月13日より、本ソリューションを提供開始するという。

 また、NTTデータグループが提供するリアルタイムデータ連携HUB・分析プラットフォームサービスである「Qlik Managed Service on A-gate」と、Snowflakeをセキュアに接続し、安全・安心にクラウド上でDX推進・データ利活用を促進できるよう支援するとしている。

 本ソリューションは、企業の持つ膨大なデータ(素データ)をリアルタイムで、連携・蓄積・加工・分析・データ配信まで一元的に管理可能だという。Qlikが提供するデータ統合製品・データアナリティクス製品等と、スノーフレイクが有するクラウドデータプラットフォームとのセキュアな連携を通じて、AI・データ活用を起点にビジネスの成功や、あらゆる組織のデータドリブン対応を国内外で加速することを支援する。

図:Snowflake×Qlikデジタルデータカップリング on A-gate ~Snowflake×Qlikベストプラクティス~

図:Snowflake×Qlikデジタルデータカップリング on A-gate~Snowflake×Qlikベストプラクティス~
[画像クリックで拡大]

 SAP基幹システムやSaaS型CRMシステムにサイロ化されたデータを保有しているユーザー企業向けに、各システムに分断されて眠っているビジネスデータをQlikデータ統合製品を活用し、素データをリアルタイムでSnowflake上にデータカップリング(データ連携・統合・蓄積)するという。

 これをデータ加工や分析を行い、DX促進・データ活用の促進を支援する。また、クラウド上に集約した明細データを、社内・社外(協力会社)・社外(顧客)等複数の用途に活用できるデータ・配信基盤へ昇華させるとしている。

 今後3社は、今回の協業を通じて本ソリューションを中心としたマーケティング・販売活動を共同で行っていく。また、グローバルでのサービス提供に向けた準備も進めていくとともに、本ソリューション関連ビジネスで2025年までに、売り上げを90億円規模に拡大することを目指すという。

【関連記事】
NTTデータ、Snowflakeとの資本業務提携に合意 組織のデータドリブン化を加速させる狙い
NTTデータ、コロナの影響を受けるも通期業績予想に向けて前進 2021年3月期 第2四半期決算短信
Qlik、AWSとのパートナーシップを強化 AWS Marketplaceで製品提供へ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5