EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

CanonicalとOpen Robotics、ROSの強化などで提携

  2021/04/07 11:22

 CanonicalとOpen Roboticsは、Ubuntu向けサービスパッケージである「Ubuntu Advantage」の一環として、Robot Operating System(ROS)の「Extended Security Maintenance(ESM)」および企業サポートを提供するパートナーシップを発表した。

 ROS ESMは、Ubuntuを使用したロボットおよびロボットアプリケーションに携わるROS開発者に、長期サポート付きの強固なROSシステムを提供するCanonicalのサービス。バックポートを通じてROS環境向けの重要なセキュリティ更新、CVE(Common Vulnerabilities and Exposures)修正、重要なバグ修正に対応している。

 開発者は、CanonicalのESMリポジトリを通じて、使用中のROSおよびUbuntu基本OSディストリビューションに応じた信頼性の高い安定したバイナリファイルを取得でき、提供終了のディストリビューションにも長期サポートバージョンのROにも対応しているという。

 ROSサポートはUbuntu Advantageのオプションとして提供されるため、既に重要なセキュリティ更新やCVE(Common Vulnerabilities and Exposures)修正を利用している場合は、同じ窓口からスピーディーかつ質の高いROS修正ファイルを取得できる。

【関連記事】
Canonical、Kubernetesの軽量化を追求したMicroK8sにクラスター構築機能を追加
キヤノンITソリューションズ、Ubuntu Desktop対応のウイルス・スパイウェア対策プログラム
「全社的に利用」は、AIシステムが12.3%、RPAは9.0%で前年より上昇――IDCが国内企業ユーザー調査結果を発表

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5