SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

CanonicalとOpen Robotics、ROSの強化などで提携

 CanonicalとOpen Roboticsは、Ubuntu向けサービスパッケージである「Ubuntu Advantage」の一環として、Robot Operating System(ROS)の「Extended Security Maintenance(ESM)」および企業サポートを提供するパートナーシップを発表した。

 ROS ESMは、Ubuntuを使用したロボットおよびロボットアプリケーションに携わるROS開発者に、長期サポート付きの強固なROSシステムを提供するCanonicalのサービス。バックポートを通じてROS環境向けの重要なセキュリティ更新、CVE(Common Vulnerabilities and Exposures)修正、重要なバグ修正に対応している。

 開発者は、CanonicalのESMリポジトリを通じて、使用中のROSおよびUbuntu基本OSディストリビューションに応じた信頼性の高い安定したバイナリファイルを取得でき、提供終了のディストリビューションにも長期サポートバージョンのROにも対応しているという。

 ROSサポートはUbuntu Advantageのオプションとして提供されるため、既に重要なセキュリティ更新やCVE(Common Vulnerabilities and Exposures)修正を利用している場合は、同じ窓口からスピーディーかつ質の高いROS修正ファイルを取得できる。

【関連記事】
Canonical、Kubernetesの軽量化を追求したMicroK8sにクラスター構築機能を追加
キヤノンITソリューションズ、Ubuntu Desktop対応のウイルス・スパイウェア対策プログラム
「全社的に利用」は、AIシステムが12.3%、RPAは9.0%で前年より上昇――IDCが国内企業ユーザー調査結果を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14232 2021/04/07 11:22

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング