SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

富士通、印刷された暗号画像をカメラ付き携帯で復号・閲覧する技術

 12日、富士通研究所は、暗号化処理され印刷された文書や画像をカメラ付き携帯の映像を通して復号・閲覧できる技術を開発したと発表した。これは、文書中の秘密事項やコピーされたくない画像などを暗号化処理された状態で印刷しておき、復号処理に対応した携帯電話が「鍵」となり復号・閲覧が可能となるものだ。

 富士通研究所は、PCとスキャナを使った同様なシステムを2008年6月に発表しているが、これを携帯電話のカメラとディスプレイで可能にしたことになる。PCやスキャナでは、暗号化画像の読み取りが安定して行えるが、カメラ付き携帯の場合、手ぶれ、歪みなど高速で安定した復号に問題があった。これを復号の失敗ではなく、独自の画像選択フィルターによって、手ぶれや歪みなど問題のみの検出を高速でできるようにし、無駄な復号処理を省くことができるという。

 応用例としては、ID、パスワード、口座番号などの情報を文書でやりとりする場合のセキュリティ確保などが考えられる。この技術は14日から開催される「富士通フォーラム2009」の会場(東京国際フォーラム)で試作品のデモがみられるそうだ。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1428 2009/05/12 13:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング