SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

JR西日本、新たなグループ会社設立で光ファイバーネットワークを活用した情報通信事業を開始

 西日本旅客鉄道は、同社が保有する鉄道事業用に、光ファイバーネットワークを活用した情報通信事業を開始すると発表し、本事業を推進する新たなグループ会社を設立した。

 同社は本取り組みについて、国内鉄道事業者における光ファイバーネットワークの開放では最大規模だとしている。

新会社の概要

  • 会社名:JR西日本光ネットワーク株式会社
  • 代表取締役:山内 崇
  • 設立日:2021年7月1日
  • 所在地:大阪府吹田市

同社光ファイバネットワークの強み

  • 品質:鉄道沿線に敷設していることから、都市間を直線的に最短距離で接続。また、駅部分以外は原則融着接続のため、伝送損失が低い
  • 安定性:災害や事故に強く、工事などによる回線停止も少ない。中でも、新幹線は頑強な鉄道構造物上に敷設されているため、安定性が高い
  • 信頼性:24時間365日鉄道保守要員が設備を管理しており、異常時も迅速に対応

【画像クリックで拡大】

【画像クリックで拡大】

今後の事業展開

  • 2021年秋より、光ファイバーネットワークの空き芯線をクライアントに貸出する「芯線賃貸サービス」を本格的に開始
  • 2022年春より、高速データ通信サービスも開始予定

【関連記事】
JALとJR東日本、MaaSの推進・社会実装に関する連携へ
日立とJR九州、AIを活用した運転整理自動化を目指す
NTTドコモ、横須賀市など4者が5GとAIによる鉄道インフラに関する実証試験を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14716 2021/07/22 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング