SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Azureとの組み合わせで開発環境の迅速化へ Confluentがマイクロソフトと戦略提携を発表

 Data in Motionのプラットフォームを提供する米企業のConfluentは、マイクロソフトとの新たな戦略的パートナーシップ契約締結を発表した。両社は、Microsoft Azureでのデータストリーム管理の運用負荷の軽減と、クラウドでのリアルタイムアプリケーション開発の迅速化を目指す。

 マイクロソフトのジャドソン・アルソフ氏によれば、両社の関係が強化されることでクラウド上のリアルタイムデータへのアクセスは、より容易になり、先進的アプリケーション開発も、より速やかに行えるようになるとのこと。

 既にAzure導入に向けた包括的なマネージドコネクター(Azure Cosmos DB、Azure Synapse Analyticsなど)もリリースされている。

 Confluentが有するApache Kafkaの専門知識を駆使して設計されたコネクターを利用することにより、企業は通常、何ヵ月もかかるカスタム統合の構築と維持にかかる時間を短縮可能だという。

 さらに、Confluent Cloudでは、Azure MarketplaceのActive Directoryを使ったシングルサインオンで、迅速にアクセスが可能だ。

 なお課金はAzureアカウントにまとめられるため、コスト管理もシンプルだという。Confluent on Azureは、Kafkaの利用を開始する最も簡単な方法の一つとして、複雑なオープンソース分散システムの管理負荷軽減につながるとしている。

【関連記事】
マイクロソフト、世界23ヵ国でセキュリティ人材への投資を拡大
日本マイクロソフト、コロナ禍で加速する製造業DXの支援強化へ
SMBCグループとマイクロソフトが戦略的提携 Azure移行やデジタル取引を推進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15826 2022/04/07 14:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング