SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ウェザーニューズ、紙と電子の契約業務をクラウドで一元管理 Sansanの​システムを導入へ

 Sansanは5月20日、同社のクラウド契約業務サービス「Contract One」をウェザーニューズが導入したと発表した。「​Contract One」は、紙の契約書における印刷・製本や押印、郵送といったアナログな作業を代行した上で、紙の契約書を正確にデータ化し、混在する電子契約書と紙の契約書の一元管理を実現するクラウド契約業務サービスだ。

 Sansanが4月に実施した「企業の契約業務に関する実態調査」によると、企業の約8割が「紙」で契約締結を行っていると回答。コロナ禍においても7割が「ハンコ出社」を経験しているほか、押印作業1件あたり平均31分、1人あたり月間で約10時間費やしていることが判明したという。

 ウェザーニューズでは、事業の性質上、公共団体との取引が多く、毎年特定の期間に集中して数百件の契約締結業務が発生する。公共団体との取引では紙による契約締結が一般的であるため、印刷や製本、押印などのアナログな業務は無くせず、特に繁忙期では担当部署における負担、締結作業の遅延や対応漏れなどが発生するリスクをはらんでいるという。

 今回の導入によってウェザーニューズは、一定期間に集中する、大量の紙による契約書業務の効率化に加え、締結作業の遅延や対応漏れなどのリスクを管理し、契約業務を安定的に遂行できる体制を構築するとしている。

【関連記事】
Sansan、電子契約サービスを本格始動 7社と提携し契約書を一元管理も
三菱UFJ銀行、Sansan導入で生産性向上を目指す
Sansan、次の解決テーマは名刺管理から請求書へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16017 2022/05/20 14:05

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング